8.19「Girls S-cup」大会結果速報


8月19日、SHIBUYA-AXにて、シュートボクシングの女子トーナメント「Girls S-cup2011」が開催された。
例年以上にハイレベルなメンバーが揃った今年のトーナメント。優勝候補の筆頭である神村エリカは、一回戦で岡加奈子を2RKOに下すと、準決勝では吉田実代を1Rわずか50秒でKO。圧倒的な実力で決勝進出を果たす。一方、逆のブロックでは、一回戦で第一回大会準優勝のV.V.MeiがMINAに敗れる波乱。もう一人の優勝候補ハム・ソヒも藤野恵実に苦戦を強いられ、MINAとの準決勝も接戦に。


体力的にハンデがある中で始まった神村とハムの決勝戦。1R、キックボクサーの神村がなんと肩固めでキャッチポイントを奪取。これでリードした神村だったが、2Rに入ると、ハムがここまで封印してきた投げを使い始め、首投げを二度決めてシュートポイント2を獲得。これでハムがポイントで優位に立つ。
あとがない神村は、最終ラウンドにパンチで猛ラッシュ。ハムもこれに応じ、壮絶な打ち合いに。そして連打で神村が逆転のダウンを奪う。
目が離せないシーソーゲームは、判定3-0で神村が勝利。予告通りの優勝を飾った。

 
またワンマッチでは、6月大会で高橋藍とのタイトルマッチに敗れたRENAが復帰戦に臨み、サーサ・ソーアリーに鮮やかなボディブローを決めKO勝利。
復活の第一歩を記したRENAは、閉会式でマイクを握ると神村に対戦表明。11月に開催されるRISEでの決着戦を迫った。この要求を神村も受けると発言。
最高の盛り上がりを見せた「Girls S-cup2011」。そして11月の神村vsRENAへ。女子立ち技格闘技の熱は、ここからさらに盛り上がっていきそうだ。

 

試合結果

第10試合 トーナメント決勝戦
○神村エリカ(判定3-0)ハム・ソヒ×

 

第9試合
○RENA(2R2:10 KO)サーサ・ソーアリー×
※左ボディフック

 

第8試合 トーナメント準決勝
×MINA(判定2-0)ハム・ソヒ○

 

第7試合 トーナメント準決勝
○神村エリカ(1R0:50 KO)吉田実代×
※2ノックダウン

 

第6試合
○HIROKO(3R0:03 TKO)藪下めぐみ
※内側靭帯損傷の疑いによりドクターストップ

 

第5試合 トーナメント一回戦
×藤野恵実(判定2-0)ハム・ソヒ○

 

第4試合 トーナメント一回戦
×V.V Mei(判定2-0)MINA○

 

第3試合 トーナメント一回戦
×WINDY智美(判定2-0)吉田実代○

 

第2試合 トーナメント一回戦
×岡加奈子(2R0:31 KO)神村エリカ○
※2ノックダウン

 

第1試合
○MIO(1R1:52 反則)山田よう子×
※ブレイクの指示に従わなかったため、レッドカード2枚で反則裁定。

カテゴリー: Girls S-cup2011日本予選, 大会情報, 新着情報, 最新ニュース   パーマリンク