12.23大阪大会、及川がまさかの敗戦!

激闘となったメインはまさかの結末に…

12月23日、大阪・IMPホールにて、シュートボクシングの2007年最終興行『無双~MU-SO~其の伍』が開催された。当初、出場が予定されていた宍戸大樹はオランダ大会での負傷により欠場となったものの、大会では地元・関西勢を中心に14試合がマッチメイク。内容的にも今年の最後を飾るにふさわしいものとなった。
メインイベントでは、スーパーフェザー級王者の及川知浩が韓国のジュン・ビュングと対戦。地元大会でのメインとあって負けられない及川は、序盤から的確にローキックを決めダメージを与えていく。対するジュンは、昨年12月に歌川暁文に勝利した試合を思い起こさせる手数と圧力で勝負。効果的な攻撃では及川、手数と圧力ではジュンという展開で、一進一退の攻防が続く。
5R終了時の判定はドロー。延長ラウンドでも決着がつかず、7Rまでもつれこんだ試合は、最後まで前進をやめなかったジュンが及川を根負けさせるような形で判定勝ち。大熱戦はまさかの結末となった。
及川の弟であるナグランチューン・マーサM16は、11月大会でえなりのりゆきを破った崎村暁東に判定勝ち。ゴング直後から突っ込んでくる崎村のラッシュに手こずったものの、ジャーマンスープレックスでシュートポイントを獲得、さらにダウンも奪い文句なしの勝利だった。スーパーバンタム級のトップランカー・ファントム進也は、グローブ空手王者の京谷祐希と対戦。京谷の左ミドルキックに苦しんだファントムだったが、最後はフロントチョークで勝利。グローブ空手王者を相手に、シュートボクサーらしい勝利を収めたといえるだろう。
また、セミファイナルでは菊地浩一が登場。7月大会で緒形健一を下したアダム・ヒグソンという難敵を迎えての一戦は、お互い一歩も退かない壮絶な打ち合いに。1Rは菊地がシュートポイントを奪いリードしたものの、その後はヒグソンのパンチが菊地を捉え、まったく互角の展開に。厳しい局面を迎えた菊地だったが、4Rに得意の左ストレートでダウンを奪い、判定勝利を収めた。
スーパーフェザー級不動の王者・及川の敗戦は、今後の展開に影響を及ぼすこと必至。フェザー級タイトルを目指すマーサ、スーパーバンタム級王座に着々と近づくファントムなど、今大会は軽量級の充実ぶりが光った。さらに菊地も緒形の返上で空位となったスーパーウェルター級タイトル獲得へ大きく前進。各階級とも、タイトルマッチが続々と行なわれるという来年のシリーズに向け、今大会の結果は重要な意味を持つことになりそうだ。

〈RESULTS〉
第14試合/エキスパートクラスルール3分×5ラウンド(延長無制限ラウンド)
○ジュン・ビュング(天氣ジム)VS及川知浩(及川道場)×
※再延長(7R)判定3-0

第13試合/エキスパートクラスルール3分×5ラウンド(延長無制限ラウンド)
○菊地浩一(寝屋川ジム)VSアダム・ヒグソン(TEAM TOMPKINS)×
※判定3-0。菊地は1Rに首投げでシュートポイント1を獲得。ヒグソンは4Rに左ストレートでダウン

第12試合/エキスパートクラス特別ルール3分×3ラウンド(延長無制限ラウンド)
○ナグランチューン・マーサM16(及川道場)VS崎村暁東(グラップリングシュートボクサーズ)×
※判定3-0。マーサは1Rにジャーマンスープレックスでシュートポイント2を獲得、崎村は1Rに左フックでダウン

第11試合/エキスパートクラス特別ルール3分×3ラウンド(延長無制限ラウンド)
○ファントム進也(龍生塾)VS京谷祐希(Team Free Style)×
※3R0分49秒、KO(フロントチョーク)。ファントムは1Rと3Rに首投げでシュートポイント1獲得

第10試合/エキスパートクラス特別ルール3分×3ラウンド(延長無制限ラウンド)
○岩下雅大(龍生塾)VSキング(截空道)×
※3R1分16秒、KO(右フック)。キングは2Rに右ヒザ蹴りで、3Rに右ストレートでダウン

第9試合/エキスパートクラス特別ルール3分×3ラウンド(延長無制限ラウンド)
○KING皇兵(SFK)VS木田なっくる将大(龍生塾)×
※3R2分40秒、TKO(出血によるドクターストップ)。KINGは1Rと2Rに首投げでシュートポイント1、3Rにバックドロップでシュートポイント2獲得

第8試合/エキスパートクラス特別ルール3分×3ラウンド(延長無制限ラウンド)
○梅野孝明(寝屋川ジム)VS伊賀弘治(龍生塾)×
※延長(4R)判定3-0。伊賀は4Rにパンチ連打でダウン

第7試合/フレッシュマンクラスルール3分×3ラウンド(延長2ラウンド)
○福地翔太(グラップリングシュートボクサーズ)VS松本忠(立志会館)×
※再延長(5R)判定3-0

第6試合/フレッシュマンクラスルール3分×3ラウンド(延長2ラウンド)
○百武政敏(誠空会)VS佐々木誠(寝屋川ジム)×
※1R終了、TKO(出血によるドクターストップ)。佐々木は1Rに左ストレートでダウン

第5試合/スターティングクラスルール2分×3ラウンド(延長1ラウンド)
○田川☆まん太郎(グラップリングシュートボクサーズ)VS川田康広(立志会館)×
※判定3-0

第4試合/スターティングクラスルール2分×3ラウンド(延長1ラウンド)
○KY陽平(截空道)VS野上祐太(風吹ジム)×
※判定3-0。野上は1Rにパンチ連打と右ハイキックで、陽平は1Rに左フックでダウン

第3試合/スターティングクラスルール2分×3ラウンド(延長1ラウンド)
○クボチューンレーナM15(及川道場)VS岡加奈子(真我館)×
※判定2-0

第2試合/スターティングクラスルール2分×3ラウンド(延長1ラウンド)
○ACT裕輔(龍生塾)VS若山正治(真我館)×
※2R1分12秒、KO(右ローキック)

第1試合/スターティングクラスルール2分×3ラウンド(延長1ラウンド)
○尹戸雅教(立志会館)VS藤本昌大(龍生塾)×
※判定2-0。藤本は1Rに右ストレートでダウン