SHOOT BOXING

HUMAN OF SB

自分がここまで真剣にやるとは、思っていなかった……。

破竹の勢いで連勝を重ねる大阪・ファントム道場の植山征紀選手。KOを量産する華麗なるファイトスタイルは、ファンのみならず格闘技界でも今注目が集まっている。「これからのシュートボクシングを背負っていく」と語る植山選手の素顔に迫った。

シュートボクシングをはじめたきっかけは?

空手を小学校からを中学3年までやっていました。格闘技以外のスポーツは続けたことはありませんが、小さい頃から運動神経は悪くなかったです。短距離、長距離も速い方でしたし。

空手をはじめたきっかけは、知り合いがはじめたから入っただけで、練習は嫌いでした(笑)。いつも嫌々行っていました。それでも続けてこれた理由は、試合で勝つのが嬉しかったから。

その後に「キックボクシングをやってみたいな」と入ったジムが、シュートボクシングのジムだったんです。最初の頃は練習もそんなに真面目にはやっていませんでした。初めて出場したアマチュア大会のときに「これ履いて」と渡されたスパッツで、そのときにシュートボクシングのジムだって知ったほどで(笑)。元々プロデビューする気はまったくなかったし、その頃はプロになれるとも思っていなかったので。

自分がここまで真剣にやるとは、思っていなかった……。
プロになるつもりはなかった植山選手。だが、若干17歳でプロの道を歩むことに。

プロデビューは高校2年生でした。塾長からのオファーで決めました。おかんは「まだ早いんじゃない?いけるん?」って心配していました(笑)。
プロデビューする気なんてなかったので、それまで試合や他の選手を全然見てこなかったんです。興味がなかったんで。だから、まさか自分がここまで真剣にシュートボクシングをやるなんて思ってもいなかった。今の自分の姿なんて、想像もしなかったです。
最近は試合で勝つようになってからファンというか、応援してくれる人が増えてきて、「頑張って」と声をかけてもらえて。SNSに試合報告のアップすると、「応援いきたい!」と言ってもらえるようにもなってきました。

自分がここまで真剣にやるとは、思っていなかった……。
最近、シュートボクサーとしての意識が変わってきたというが?

友達は多いので、友達と一緒だとハッチャケているけどもともと人見知りです。
最近、特に変わったのは気持ちです。「倒しにいく」っていう気持ちを強く持っています。僕は気持ちでは絶対に負けないし、気持ちで勝っていきます。

そうは言っても、練習はきついです。好きな練習はない(笑)。試合前のミットが一番きついです。ミットメニューはその日によって違うんですが、進也さん(元SB日本スーパーバンタム級王者)のミットはきつい。5~6Rやって、インターバルは15秒。その間にも腹筋とか腹打たれたりする。もういつもバテバテです。その練習が月曜だったら「あ~、まだ月曜日か。しんどいな」って(笑)。でもジムは楽しいです。

もっと強く倒せる選手になって有名になって、格闘技を知らない人たちにも、自分の試合を見てもらいたい。見た人に「わっ、面白い」って思ってもらいたい。シュートボクシングも、もっと有名にしたいし、その役割は僕が果たしていきます!

自分がここまで真剣にやるとは、思っていなかった……。
三人兄弟、次男の植山選手。支えてくれる家族への思いは?

シュートボクシングをやっているんで、目指すところは1番、チャンピオンです。その姿を一番見せたいのは、おかんです。いつもおかんは自分の減量メニューとかを作ってくれたり、僕の減量中に一緒に減量もするくらいで。僕は減量で7キロくらい落とすんですが、おかんも3、4キロとか落としてたり。僕の試合前は禁酒までして、試合終わってからビール飲んだり…。試合会場が東京でも必ず大阪から応援に来てくれ、韓国で試合だったときも来てくれました。いつも応援してくれるおかんのためにも、早くチャンピオンの姿を見せたいです。

若手選手の活躍が期待されるシュートボクシング。植山選手の見据える世界、目標を聞いた。

有名になって目立ちたい!試合が面白いって言われるファイターになって、ファンがたくさんつくようになりたい。それと、今年はベルトをとりたい。自分の階級には内藤大樹選手(現SB日本スーパーバンタム級王者)がいるんで早くタイトルマッチで挑戦したいです。僕のコスチュームには星のマークが入っています。派手さと「一番」って意味を込めて。やっぱりチャンピオンって強さと輝きがありますから、僕もたくさんの人に応援してもらえるようなチャンピオンになります!

   
来る9月19日(月祝)後楽園ホールで開催するシリーズ最終戦『SHOOT BOXING 2016 act.4』で、SB日本スーパーバンタム級王座挑戦者決定トーナメントの準決勝戦と決勝戦が行われる。優勝すれば現役チャンピオン・内藤大樹選手へのタイトル挑戦権が得られる。だがその道のりは1日2試合を戦う過酷さを極める。それでも「気持ちでは絶対に負けない」と豪語する植山選手のチャンピオンへの挑戦がはじまった。

聞き手 : 高橋藍

植山征紀(うえやま せいき) プロフィール写真

植山征紀(うえやま せいき)

1996年3月22日生まれ。大阪府出身。
ファントム道場/龍生塾所属。165センチ/55.0キロ
SB日本スーパーバンタム級1位
S・BATTLEキック・バンタム級王者
戦績/20戦12勝(6KO)7敗1分

最新の大会情報

大会名
SHOOTBOXING 2017 YOUNG CEASER CUP CENTRAL #21
日時
2017年10月15日(日)本戦開始13:00 ※オープニングファイト12:30~
チケット販売所

公武堂
チケットぴあ

グラップリングシュートボクサーズ
TEL:052-893-0222 
info@gsb-nagoya.com

pagetop