SHOOT BOXING

Young Caesar Cup Central2012 #3 TOYOKAWA

 2月12日(日)愛知県・豊川市総合体育館にて、『ヤングシーザー杯セントラル』が開催された。1.29大阪、2.5後楽園から3週連続で開催となる今大会には、地元であるストライキングジムAres、グラップリングシュートボクサーズの選手たちが多数登場。スターティングクラスの若手選手から選ばれるMVP・ヤングシーザー賞は、強烈なパンチで1RKO勝利を収めた浦野啓太に贈られた。
 メインイベントは新設されたライト級の王座決定戦。赤コーナーは地元で初の試合となる鈴木博昭、対するは新世代の有望株・菅原悠次だ。
観客の圧倒的な声援を受けて登場した鈴木は、1Rからペースを奪い、パンチ、ヒザ、ミドル、ローと的確な攻撃を次々にヒット。菅原もボディ攻撃で粘りを見せたが、鈴木もボディを効かせ、そこから顔面へのヒザ、パンチ連打と攻撃をまとめてダウンを奪ってみせる。
 菅原は最後まで立ち続けたものの、判定は大差。3-0で鈴木が勝利し、日本ライト級の初代王者となった。夢だったという地元での試合、そして戴冠に試合を終えた鈴木は涙。ジムの仲間やファンと喜びを分かち合う光景が続いた。だが控え室に戻ると、鈴木は「ここからが本当のスタート」とコメント。チャンピオンという立場を得た責任感もあり「どんな相手でも闘う」、「一戦一戦、ここで潰れてもいいっていう試合を見せていきたい」と決意を語った。チャンピオンとしてSBを背負っていく、これからの鈴木の活躍に期待したい。
<鈴木博昭のコメント>
「嬉しいですね。ほっとしてます。試合では力んじゃいましたね。初めての地元での試合だったので、みんなの声援があっていつもとは違う感じでした。ただ、そうなったのも自分の未熟な部分。地元でのタイトルマッチなので、やりがいもプレッシャーも全部ありましたね。すべての感情が入り混じりすぎてしまいました。地元で闘うのは夢でもあったので。ただ、だからどうしても負けられないというのもあって。勝ててほっとしました。
 KOで勝ちたかったんですけど、自分が固かったのもあって粘られちゃいましたね。腹も効かせてたし、顔面にもいいのが当たってたんですけど、攻撃を散らしすぎた。チャンスがあったけど倒せなかったのは甘さ、修行不足ですね。
 いつもなら自分の練習に集中するんですけど、今回はチケットを売ったり、ポスターを貼ったりで休む暇がなかったです。格闘技だけじゃない、人間力っていう意味で、いい経験でした。
 明日からはチャンピオンとして、鈴木博昭の第二章の始まりです。今まで、やりたい選手がいてもチャンピオンじゃないので遠慮していた部分があった。これまではタイトルを獲るまで(勝ちを)落とせないっていう気持ちだったんですけど、これからはもっと大胆に、アグレッシブになれるかなと思います。これからはもっと強い選手が来るでしょうし、気を抜いてる暇はないですね。もっと気合い入れて練習できる。誰とでもやらせてほしいです。
 まずはこのベルトっていう証がほしかったんで、これからは一戦一戦、ここで潰れてもいいという試合を見せていきたいです。ここからが本当のスタートですね」

大会概要

Young Caesar Cup Central2012 #3 TOYOKAWA

2月12日(日)豊川市体育館3階サブアリーナにて開催する『Young Caesar Cup
Central ♯3 TOYOKAWA』にて、SB日本スーパーフェザー級1位・鈴木博昭が階級を
上げ、SB日本ライト級3位・菅原悠次との日本ライト級王座決定戦に挑む!
「どうしても地元でタイトルマッチに挑戦したくて、昨年から安田会長(ストライキングジムAres代表)が必死に協会に申請してくれて実現しました。だからもう今は燃えまくってます。菅原選手には悪いですが壊しちゃうかもしれません。皆さんのご恩に報いるためにもベルトは僕がいただきます」とコメント。
一方の菅原は「僕のパンチが当たれば鈴木選手は立ってられないですよ。キャリアは鈴木選手の方が上ですが、チャンピオンになりたい気持ちは僕の方が強いのでスカッとKOして僕がベルトを獲ります」とKO宣言。一発がある両者だけに、1ラウンドから激戦必至!
今大会では、中部地区を主戦場とする若手選手たちのヤングシーザー杯争奪戦をはじめ、アマチュア選手権ワンマッチなども行われる。アマチュアからタイトルマッチまで、SBの魅力満載の『Young Caesar Cup Central ♯3 TOYOKAWA』は必見!!

大会詳細

大会名
Young Caesar Cup Central2012 #3 TOYOKAWA
日時
2012年2月12日(日) OPEN 13:00/START 14:00
会場
豊川市総合体育館3階 サブアリーナ
メインイベント(第9試合)
SB日本ライト級王座決定戦
3分5R延長無制限R
○ 鈴木 博昭 vs 菅原 悠次 ✕
※5R判定3-0
第8試合
SB日本スーパーライト級
3分3R延長2R
○ 崎村 匡如 vs トオル ✕
※3R判定3-0
第7試合
SB日本スーパーフェザー級
3分3R延長2R
○ 高嶋 龍弘 vs ノリ山村 ✕
※3R判定3-0
第6試合
SB日本スーパーバンタム級
3分3R延長2R
○ 磯部 心 vs 大桑 宏章 ✕
※3R判定3-0
第5試合
SB日本スーパーライト級 ヤングシーザー杯
2分3R延長1R
○ 浦野 啓太 vs 佐藤 拓哉 ✕
※1R0:37 KO
第4試合
SBレディース日本フライ級 ヤングシーザー杯
2分3R延長1R
○ 井上 明日香 vs ジェット・イズミ ✕
※3R判定3-0
第3試合
SB日本ウェルター級 ヤングシーザー杯
2分3R延長1R
○ ジャングルコウキ vs 浦 俊典 ✕
※3R判定3-0
第2試合
SB日本スーパーバンタム級 ヤングシーザー杯
2分3R延長1R
○ 内藤 大樹 vs バレット ✕
※3R判定3-0
第1試合
SB日本スーパーフェザー級 ヤングシーザー杯
2分3R延長1R
○ 岩崎 悠斗 vs 元谷 友貴 ✕
※3R判定2-1
アマSB 第2試合

3分2R延長2分1R
△ 内藤 凌太 vs 木内 祐太 △
※延長1R判定0-0
アマSBレディース 第1試合

2分2R延長1R
○ 城 侑沙 vs 中村 朱里 ✕
※2R判定3-0

他の大会結果を見る

SHOOT BOXING Girls S-cup 2017

東京ドームシティホール(TDCホール)

7月7日(金)OPEN/17:00 START/18:00 予定

SHOOT BOXING Girls S-cup 2017

『SHOOT BOXING 2017 act.3』

後楽園ホール

2017年6月16日(金)

『SHOOT BOXING 2017 act.3』

『SHOOT BOXING 2017 act.2』

後楽園ホール

2017年4月8日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.2』

『SHOOT BOXING 2017 act.1』

後楽園ホール

2017年2月11日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.1』

Que Sera Japon presents『SHOOT BOXING  WORLD TOURNAMENT S-cup 2016』

東京TDCホール

2016.11.11(金)

Que Sera Japon presents『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2016』

SHOOT BOXING2016 act.4

後楽園ホール

2016年9月19日(月祝)

SHOOT BOXING2016 act.4

『Girls S-cup2016 ~七夕ジョシカク祭り~』

豊洲PIT

2016年7月7日(木)

『Girls S-cup2016 ~七夕ジョシカク祭り~』

SHOOT BOXING2016 act.3

後楽園ホール

2016年6月5日(日)

SHOOT BOXING2016 act.3

SHOOT BOXING2016 act.2

後楽園ホール

2016年4月3日(日)

SHOOT BOXING2016 act.2

SHOOT BOXING2016 act.1

後楽園ホール

2016年2月13日(土)

SHOOT BOXING2016 act.1

Que Sera Japon Presents SHOOT BOXING 30th ANNIVERSARY “GROUND ZERO TOKYO 2015”

東京・TDCホール

2015年12月1日(火)

Que Sera Japon Presents SHOOT BOXING 30th ANNIVERSARY “GROUND ZERO TOKYO 2015”

『THE LAST BOMB ナグランチューン・マーサM16引退記念試合』

大阪府立体育会館・第2競技場

2015年10月3日(土)

『THE LAST BOMB ナグランチューン・マーサM16引退記念試合』

pagetop