SHOOT BOXING

SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup2010

8月29日、グランドプリンスホテル赤坂クリスタルパレスにて、『Girls S-cup 2010』が開催された。

昨年に続いての行なわれた『Girls S-cup』だが、今年は世界各国から強豪を集め、ワールドトーナメントとして開催。激闘の連続となる中、決勝に進出したのはディフェンディング・チャンピオンのRENAと高橋藍。シュートボクサー同士の対決だ。

RENAは一回戦で渡辺久江との新旧対決をヒザ蹴りによるKOで制し、続く準決勝は総合ファイターであるケイト・マルチネスの長身から繰り出すパンチをかいくぐり、ダウンを奪って快勝。一方の高橋はデビュー直後だった前年度の大会こそ一回戦負けを喫したが、その後は負けなし。今大会でも得意の右ストレートとヒザ蹴りに磨きをかけ、一回戦でクリスティーナ・ジャルジェビック、準決勝でV一を下し、決勝進出を果たした。

試合は開始直後、RENAが顔面への前蹴りをヒットさせたところからヒートアップ。RENAが踏み込みの鋭いパンチ連打で前進すれば、高橋も右ストレートとヒザで応戦。お互い必死の打ち合いは本戦3R、延長1Rでも決着がつかず、再延長戦へ。ここでRENAが底なしのスタミナと闘志でパンチをラッシュ。反撃を見せた高橋を振り切り、『Girls S-cup』連覇を果たすとともに立ち技女子格闘技における世界の頂点に立った。

試合後、リング上で「初代(王者)のベルトを取ってから、凄いプレッシャーで何度も潰れそうになりました」と涙を流しながら語ったRENA。それでも世界王者として、「大きなことを言ってもいいですか? まだまだですけど、私が女子格闘技を引っ張っていきます」と力強く宣言。さらにシーザー武志会長には「歴代の先輩たちの血と汗のこもったベルトがほしいです。私に本当のベルトをください」と、トーナメントではなくSBレディースのタイトル獲得をアピール。壮絶な闘いで幕を閉じた『Girls S-cup』だが、SB女子のストーリーはさらにドラマチックに続いていきそうだ。

■RENAのコメント
「もうちょっとレベルアップしてたかなと思ったんですけど、みなさんも強くなってるので。でも、KOしたしダウンも取ったし、成長したところを見せられたと思います。
プレッシャーはありました。本来の階級は48kgなんで、上の階級の選手とやらなきゃいけないし、でも、エースだから泣きごとは言えないし。本当は逃げたいんですけど、私が逃げてしまったら、他の選手には背負えないので。思ってるより大変なんだぞって言いたいです。
(一回戦の)渡辺選手は、時代を築いてきた人なんで強かったです。でも、自分は時代を背負ってる人間なんで。試合前に、私に負けたら(格闘技界に)いる意味がないと言ってたんですけど、やめないでほしいですね。渡辺さんの力が必要だと思うし、一緒に盛り上げてほしいです。
(二回戦の)マルチネス選手はリーチがあるしすっごい重かったですね。でもパワー負けしなかったんで自信になりました。
(決勝戦)本戦で勝ったと思ったんですけど、私は(大阪で)アウェーなので。私も恵まれてますけど、高橋選手は東京なのでもっと恵まれてますよね。それでも私が勝ったので。まだまだ任せられないですね。私がエースです。
(SBレディースのベルトについて)格闘技を始めた時、及川(知浩)先生のベルトがすっごい重くて、輝いて見えたんですよ。女子には、2連覇しても本当の(トーナメントではない)ベルトは存在しないので。できれば48で作ってほしいです(笑)。
……あ~、海行きたかった!(笑)。18歳、19歳に海行くのって大事じゃないですか。私の夏はいつくるんでしょうか(笑)」

■高橋藍のコメント
「優勝が目標だったので。結果としてフルラウンド闘って勝てなかったということは、まだ足りないものがあるということですね。(RENAは)強かったけど、正直、思ったほどじゃななかったので、いけると思ったんですけど、それでも勝てなかった。自分に力がないんだということが分かりました。ヒザ蹴りはずっと練習してました。自分の武器だと思ってたんですが、試合では練習の10%も出せなかったです。勝てなかったのはそれが理由だと思います。
やっぱり、勝てなかったというのは大きいですね。先輩達からも“最後までイメージしろ”と言われて、優勝した後のコメントまで考えてたんですけど(笑)。決勝まではイメージどおりだったんですけどね。
今回、自分なりにやれることはやってきたんですが、足りなかったですね。これからシーザージムの先輩たちの力を借りて、もっと強くなっていきたいです。デビューしてまだ1年ちょっとですけど、それは強さとは関係ないので」

大会概要

SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup2010

7月26日(月)、東京・渋谷のJ-POP CAFEにおいて、「Girls S-cup 2010」についての記者会見が行なわれた。まず発表されたのは、「パッションレッド」所属の女子プロレスラー、高橋奈苗の参戦。「女子プロ一熱い女」と紹介された高橋は、「14年間プロレスをやってきて、いくつもベルトを獲りました。世界と名のつくベルトも獲りました。それでも、挑戦をやめません。新しいチャレンジとしてシュートボクシングに参戦したいと思います。猛暑と言われる日本をさらに熱くします!」と、熱く参戦宣言。
  なぜSBをやろうと思ったのかという質問には、「格闘技への憧れがあり、一番を目指してあらゆる競技から取り入れたいと思っています。格闘技戦をすることはずっと夢のひとつでした。小林聡さんに教えてもらってキックに触れる機会があり、風香がSBの関係者と出会うきっかけをくれました」と説明。
  また、SBの印象については「今まで数回見ました。キックはちょくちょく見ています。SBは、見た時に『立ったまま関節極めてる!』とかミーハーな感想を持ったんですけど、殴る蹴るだけじゃないところに展開が分からない面白さがあると思います。実力次第でのし上がっていける面白い世界だと思っています」とコメント。
  どんな技を出したいかと問われると、「キック、パンチはもちろんですが、あえて得意技であるナナラッカを仕掛けられないかと考えています」と宣言。ナナラッカとは逆さに抱え上げた相手を脳天からマットに叩きつける危険技。SBマットでこの技を出すことは可能なのか? 注目だ!
  格闘技戦への思いについては、「堀田祐美子さんのファンになって全日本女子プロレスに入りました。堀田さんはキック主体のファイトスタイルで、日本武道館で格闘技トーナメントにも出ていて尊敬の眼差しで見ていました。本気で強い、女でも強いという感じでした。私は全女では格闘技戦をやる機会がなかったので、どうしてもやりたい」と語った。
  他の選手に負けないところは「熱さです!」と即答した高橋。最後は「パッション!パッション!イエー!」という決めゼリフで締めた。なお、試合ルール、時間等は未定。高橋の熱くパワフルなファイトが夏のリングをさらにヒートアップさせてくれそうだ!

大会詳細

大会名
SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup2010
日時
2010年8月29日(日) OPEN 14:00/本戦START15:00 
会場
グランドプリンスホテル赤坂/新館2F『クリスタルパレス』
第14試合
Girls S-cup決勝戦
2分3R延長2R
○ RENA vs 高橋 藍 ✕
※延長2R判定3-0
1R、いきなりRENAは右ストレートをヒット。RENAはさらにボディから顔面に前蹴り。高橋は組みにいくもRENAは突き放し、さらに顔面前蹴りをヒット。RENAはワンツーをヒットすると投げを狙うが、高橋は防御。高橋はパンチの応酬の中で右を当てるが、RENAの手数は高橋を上回る。終了間際には高橋がヒザを2発ヒット。 2R、RENAは飛んで前に出ると、前蹴りからパンチ。だが高橋も互角に応戦。RENAは右をヒットすると、RENAは投げを狙うが崩れる。高橋はパンチ、前蹴りを繰り出していく。RENAは中盤、バックブローをヒット。だが組むと高橋はヒザ。RENAは前蹴りを交えながら、大振りのフックを連続して繰り出していく。終盤にはRENAがラッシュ。高橋もヒザを返す。 3R、RENAは序盤から左右パンチをヒット。だが高橋のパンチに、若干だがRENAの動きが止まる場面も。RENAはバックブロー、顔面ヒザ。高橋はジャブ、ヒザ。RENAはボディ。高橋は首相撲に捕らえてボディにヒザを連打。さらに高橋は右ハイ、RENAのパンチにパンチを返していく。終盤、RENAは右ストレートからバックブロー。両者組み合ったところで試合は終了、判定はRENAに1ポイントが入ってのドロー。延長戦に持ち込まれた。 延長ラウンド、RENAは右フックからバックブロー。だが高橋は組んでヒザを連打。足を止めての打ち合いはRENAが優勢だが、高橋は捕まえるとヒザ。RENAは右フックから連打。さらにRENAはラッシュをかけるが、高橋もパンチ、ヒザを返していく。終盤は激しい打ち合いとなり、互いに全力でパンチを繰り出す。延長判定はまたもRENAが1ポイント取ってのドローとなり、再延長戦にもつれ込んだ。 再延長ラウンドはRENAが飛び込み、右ストレートをヒット。高橋は組んでいくが、RENAは左右パンチをヒット。高橋は右ミドルを返す。2分間、激しい打ち合いが展開されるが、やはり手数で優るのはRENA。再延長判定はジャッジ3者ともRENAを支持、RENAが昨年に続いてトーナメントを制覇。初の世界女王の座についた。また、トーナメント初出場で決勝に進出し、RENAとギリギリの激闘を展開した高橋藍も場内から大きな歓声を受けた。
第13試合
ジュエルスマッチ
JEWELSルール 5分2R
○ HIROKO vs サンディ・ファーナー ✕
1R前腕チョーク
1R、序盤からパンチの応酬を制し、連打を叩き込むHIROKO。コーナーに詰めると組んでテイクダウンを狙う。やや粘ったサンディだったが、HIROKOはテイクダウンに成功。鉄槌を落とし、パスガードを狙う一方、前腕が首に入っており、レフェリーがストップ。前腕チョークにより、HIROKOが秒殺KO勝ちを果たした。
第12試合
SBレディースマッチ
3分3R延長2R
○ AZUMA vs 超弁慶 ✕
※3R判定3-0
1R、パンチで前に出る超弁慶に、AZUMAはローとジャブで応戦。超弁慶が組み付いてくると、AZUMAはヒザ蹴り。AZUMAは左ミドルからジャブ、ワンツー。コーナーに詰めると左ミドルから右ストレートをヒット。超弁慶も右フックを返していく。 2R、AZUMAは前蹴りからバックキックで超弁慶がダウン! さらにヒザから右ストレートで超弁慶は2度目のダウン。AZUMAはさらに攻め立て、右ストレート。超弁慶は投げを狙うが、ポイントにはならず。超弁慶は組み付いてくるが、AZUMAはボディ、右ストレート。さらにボディアッパーと攻め、終盤にも左フック。 3R、AZUMAは前進してくる超弁慶に左右フック。右ミドルから右ハイの連続攻撃も決める。超弁慶は投げを狙って組んでくるが、AZUMAは投げさせない。パンチの応酬ではAZUMAが右ストレート。さらにワンツー、左右フックと攻めるAZUMAに、超弁慶は組んでからの投げを狙う。判定は2Rに2度のダウンも奪っているAZUMAが取り、勝利をものにした。
第11試合
SBスペシャルエキシビジョンマッチ

– 高橋 奈苗 vs 風香 –
勝敗なし
1R、積極的にパンチと蹴りを繰り出していく両者。風香がパンチからローを出した隙に高橋はバックに回って投げを狙う。終盤、風香は飛びついてフロントチョークを決めてキャッチポイント1を獲得するが、高橋はブレーンバスターに投げてシュートポイント1を奪取。高橋が風香の蹴り足を取ると、風香の延髄斬りで高橋がダウン。 2R、蹴りで優勢に立つ風香はバックを取るが、高橋は腰投げでシュートポイント1を奪取。今度は風香がバックからジャーマンでシュートポイントをお返し! 続けて連続ハイキックを繰り出した風香だったが、高橋は風香の首を取ると持ち上げて頭から落とす得意技「ナナラッカ」に成功! 2人のド派手なエキシビションに、会場は沸きに沸いた。
第10試合
Girls S-cup準決勝

✕ V一 vs 高橋 藍 ○
※延長1R判定3-0
1R、Vはグローブを合わせた直後に右をヒット。その後も積極的に前に出て、パンチとともに組み付いていく。中盤過ぎにも出会い頭に右フックをヒット。組んでコーナーに詰めていくが、投げにつなぐことはできない。 2RもVは強引に前進して組みに。だが高橋も突き放してから左右パンチ。それでもVはしゃにむに組み付きに行く。だんだんとVの突進をいなすようになってきた高橋だが、Vの突進は止まらない。 3R、開始直後にVのバックブローがヒット。Vは同様に組みにいくが、高橋はヒザを入れる。Vは組み狙いからフック、バックブローと攻める。終盤にも高橋はヒザ。さらにパンチを入れ、主導権を握る。そこでゴングとなり、判定は三者三様でドロー。今大会初めての延長戦に突入した。 4R、やはりVはがむしゃらに前へ。高橋は前蹴り、右フック、ジャブと応戦していく。Vはバックブロー。さらに前蹴りを合わせていく。Vも右フックからの突進、バックブロー。終盤には胴にからみつくことに成功したVだが、投げにいくことはできない。高橋はヒザを2発。Vはさらにバックブローを繰り出す。 延長判定は3-0で高橋。高橋が昨年の準優勝者・Vを制し、トーナメント決勝進出を果たした。
第9試合
Girls S-cup準決勝

○ RENA vs ケイト・マルチネス ✕
※3R判定3-0
1R、RENAは序盤からケイトの蹴り終わりなどのスキを突いて懐に入っていく。バックブロー、後ろ蹴りなどを見せるケイトだが、RENAはそのモーションを盗んで入っていき、組んでは投げも狙っていく。 2R、RENAはいきなり低い体勢から入って右フック。ミドル、ローとパンチで出てくるケイトと組み合っては投げも狙うが、身長差もありなかなか投げさせてはもらえない。中盤にもRENAは右をヒット。さらに右ストレートでダウンを奪う。勢い込んで出てくるケイトにパンチを入れては腰投げにも行くRENA。 3R、ミドルハイを出してくるケイトにRENAはロー。さらに右ボディを突き刺す。飛び込んでの右フックも決め、組めば投げも狙う。ラウンド終了まで危ない場面もなく、RENAが体格差をものともせず盤石の勝利で決勝進出を決めた。
第8試合
女子キッズスペシャルマッチ
2分1R
○ 熊谷 夢 vs 植村 風香 ✕
判定
第7試合
女子キッズスペシャルマッチ
2分1R
○ 藤田 梨乃 vs 古川 桃花 ✕
判定
第6試合
Girls S-cup2010トーナメント・リザーブマッチ

○ 市井 舞 vs 山田 純琴 ✕
※3R判定2-0
1R、市井はいきなりサイドキック。バックブロー、バックキックを見せていく。リーチ差を生かしてジャブを入れていく。山田も出入りを駆使してパンチやローを入れていくが、攻め込むことはできない。 2R、市井はやはりサイドキックからスタート。山田が距離を詰めて組んでくると、投げ倒して潰していく。山田のワンツーに、市井は左フックで対応。終盤、市井のバックブローに山田は右ストレート。 3R、パンチで突進していく山田に市井はパンチ、サイドキックで応戦。終盤にはパンチの打ち合いとなり、山田がワンツーを入れる場面も。判定は2-0で市井が勝利を飾った。
第5試合
Girls S-cup1回戦
2分3R延長1R
✕ クリスティーナ・ジャルジェビック vs 高橋 藍 ○
※3R判定3-0
1R、クリスティーナは伸びとスピードのあるパンチを放っていく。中盤、一気に距離を詰めてラッシュした高橋はフロントチョークに取り、キャッチポイント1を獲得。絞め続けた高橋だったが、クリスティーナは頭を抜く。 2R、パンチの打ち合いにも高橋は冷静に返していく。首相撲の展開になるとヒザ。中盤にはバックを取ったクリスティーナが投げを狙うが、高橋は防御。高橋はさらにパンチから組んでヒザを入れていく。その後フロントチョークの体勢に入るが、キャッチポイントにはならず。 3R、高橋は距離を詰めてクリスティーナのパンチに対抗。ミドルを取ると倒していく。クリスティーナも強引に投げを狙っていくが、高橋は防御。後半、クリスティーナはパンチで追うも、高橋がやはり接近戦に持ち込んだところでゴング。判定はジャッジ3名とも高橋を支持、高橋が準決勝に進出した。
第4試合
Girls S-cup1回戦
2分3R延長1R
○ V一 vs サマンタ・ヴァン・ドール ✕
※3R TKO
サマンタは前日計量で規定時間を大幅にオーバーしてクリアだったため、レッドカード、減点1からのスタート。1R、Vは投げを狙って組みにいくが、サマンタは左右フックで応戦。その後も出入りを生かしてはパワフルな左右フック、組まれてはヒザを入れて攻めていく。終盤、サマンタがフックを巻いたところでVがバックドロップを狙うが、これはポイントにならず。 2R、やはりVは組みにいくが、サマンタは左右フック。だがVも組んでヒザを入れていく。Vが投げを狙うとサマンタがロープを掴んで防いだため、サマンタにイエローカード。Vはさらにバックドロップを仕掛けるが、これも崩れる。 3R、Vが先手を取ってパンチを仕掛けていく。組むとやはりバックドロップを狙うが、やはりポイントにはならず。パンチとミドルでVは積極的に前に出ると、ついにロープ際でフロントチョークに捕らえ、キャッチポイントを獲得。青コーナーに詰めても絞め続け、ついにレフェリーがストップ。Vがらしい勝ち方で1回戦突破を果たした。
第3試合
Girls S-cup1回戦
2分3R延長1R
○ ケイト・マルチネス vs サーサ・ソーアリー ✕
※3R KO
1R、ケイトはゴングと同時にスーパーマンパンチ。その後も力強い左右のパンチで攻めていく。サーサはミドル、ローで応戦するが、ケイトはものともせずパンチを連打。組んでフロントチョークに行ったケイトだったが、サーサはヒザを突いて逃げる。これは反則のため、サーサにはイエローカード。 2R、ミドルで距離を取ろうとするサーサだが、ケイトはパンチでコーナーまで押し込んでいく。たまらず組みにいくサーサだが、ケイトは組まれてもヒザ、離れるとパンチで押しの一手。 3Rもケイトが左右のパンチで攻勢。サーサは組みにいこうとするが、それでも局面を打破できない。中盤、ケイトがチョークを決め、そのまま倒れ込むとサーサは起き上がれず、ケイトのKO勝ちとなった。
第2試合
Girls S-cup1回戦
2分3R延長1R
○ RENA vs 渡辺 久江 ✕
※2R TKO
1R、RENAは序盤から前蹴り。ワンツー、右ハイと仕掛けていく。渡辺がテンカオを狙うと、RENAはカウンターのパンチをヒット。渡辺は飛び込んでの右を狙うが、そこにもRENAがカウンター。さらに投げも狙うが、これは崩れる。 2R、RENAはゴングとともに突進。さらにバックブローからパンチにつないでいく。渡辺の前蹴りに右ミドルを返し、組んではチョークを狙う。これは外れるも、その体勢のままヒザをヒット。さらにコーナー際での前蹴りからヒザ連打で渡辺はダウン! 直後にも渡辺は再度ダウンを喫し、2ダウンでRENAがTKO勝利。注目の対決は、RENAの圧勝に終わった。
第1試合

2分3R延長1R
○ 岡 加奈子 vs 正木 純子 ✕
※3R判定3-0
1R、身長とリーチに優る正木はパンチ、首相撲からのヒザで攻める。岡は終盤に右をヒット。投げにもトライするが、惜しくもゴング。 2R、開始直後に正木がチョークを決めかけるが、岡は脱出。首相撲にいこうとする正木に、岡は背負い投げを連続で成功させ、シュートポイント2を奪取。 3R、岡がパンチとヒザで攻勢。首投げも仕掛ける。判定は2Rのシュートポイントが響き、岡が判定勝ちを収めた。

他の大会結果を見る

-SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT-GROUND ZERO TOKYO 2017

東京ドームシティホール(TDCホール)

2017.11.22(水)

-SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT-GROUND ZERO TOKYO 2017

『SHOOT BOXING 2017 act.4』

後楽園ホール

2017年9月16日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.4』

SHOOT BOXING Girls S-cup 2017

東京ドームシティホール(TDCホール)

7月7日(金)OPEN/17:00 START/18:00 予定

SHOOT BOXING Girls S-cup 2017

『SHOOT BOXING 2017 act.3』

後楽園ホール

2017年6月16日(金)

『SHOOT BOXING 2017 act.3』

『SHOOT BOXING 2017 act.2』

後楽園ホール

2017年4月8日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.2』

『SHOOT BOXING 2017 act.1』

後楽園ホール

2017年2月11日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.1』

Que Sera Japon presents『SHOOT BOXING  WORLD TOURNAMENT S-cup 2016』

東京TDCホール

2016.11.11(金)

Que Sera Japon presents『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2016』

SHOOT BOXING2016 act.4

後楽園ホール

2016年9月19日(月祝)

SHOOT BOXING2016 act.4

『Girls S-cup2016 ~七夕ジョシカク祭り~』

豊洲PIT

2016年7月7日(木)

『Girls S-cup2016 ~七夕ジョシカク祭り~』

SHOOT BOXING2016 act.3

後楽園ホール

2016年6月5日(日)

SHOOT BOXING2016 act.3

SHOOT BOXING2016 act.2

後楽園ホール

2016年4月3日(日)

SHOOT BOXING2016 act.2

SHOOT BOXING2016 act.1

後楽園ホール

2016年2月13日(土)

SHOOT BOXING2016 act.1

pagetop