SHOOT BOXING

SHOOT BOXING Girls S-cup 2015 -格闘女志-

大会概要

SHOOT BOXING 30th ANNIVERSARY“CAESAR TIME!”

8月21日(金)の『SHOOT BOXING Girls S-cup 2015 -格闘女志-』および8月22日(土)開催『SHOOT BOXING 30th ANNIVERSARY“CAESAR TIME!”』、大田区総合体育館2days大会が開催されます。

毎年恒例の『Girls S-cup』に加え、シュートボクシング30周年記念大会の連続ビッグマッチ開催となる今回。『Girls S-cup』ではRENAが世界タイトルマッチに挑むほか、MIOらが出場する48kg級日本トーナメントを、8人参加に拡大して行ないます。また『CAESAR TIME!』では鈴木博昭の出場に加え、シュートボクシング協会会長・シーザー武志による還暦記念スペシャルエキシビションマッチも。乞うご期待!

大会詳細

大会名
SHOOT BOXING Girls S-cup 2015 -格闘女志-
日時
2015年8月21日(金)OPEN/17:00 START/18:00
会場
大田区総合体育館
第11試合

SB世界女子フライ級王座決定戦
○ RENA vs カネ・チョー.カンピロム ✕
※3R1:58 レフリーストップ TKO
1R、RENAは探り合いから右ミドル。前蹴り、ワンツー、ボディと攻撃を続けると、右ハイ、ボディ、相手の頭が下がったところにヒザと波状攻撃。終盤にかけてはコーナーに詰めてパンチを集める。2R、パンチ連打からヒザ、ハイ、バックキックと攻撃を集中したRENAはフロントチョークからバックに回りジャーマンでシュートポイント2を奪取。さらにラッシュをかけると再びフロントチョークでキャッチポイント1。その後パンチ連打でダウンも奪う。3Rに入るとパンチから首を抱えてヒザ連打。ハイからパンチ連打でさらにヒザを連打したところでダウン宣告。さらにヒザを連打したところでレフェリーが試合をストップ。RENAが圧倒的なKO勝利で世界のベルトを腰に巻くことに成功し、大会を締めくくった。
第10試合

48kg日本トーナメント決勝
○ MIO vs 紅絹 ✕
※延長1R判定3-0
1R、序盤からパンチを振り合う両者。紅絹が左フックを当てれば、MIOは右ストレートを入れる。中盤、MIOは前蹴りをヒット。終盤には紅絹がローからパンチ。2R、紅絹はMIOの蹴りにフックを合わせ、パンチからローへとつなぐ。MIOは右ストレートで反撃。3Rになると両者の攻防は激しさを増し、紅絹はフックやロー、MIOはストレートや前蹴りと、互いに攻撃を入れ合う。判定はジャッジ3者ともイーブンでドロー。延長ラウンド、開始と同時にMIOが顔面への前蹴りをヒットし、紅絹は尻餅。さらにMIOは右ストレートで仰け反らせる。MIOはヒザも繰り出すが、紅絹も左フックを返す。延長判定はMIOが取り、MIOがトーナメント優勝を果たした。
第9試合

エキスパートクラス特別ルール
○ 高橋 藍 vs ホーングトーン・リヤンパサー ✕
※3R判定3-0
1R、ホーングトーンのミドルに高橋はロー。高橋はホーングトーンの蹴りをキャッチすると後方に引き倒す。ミドルから組みにくるホーングトーンに、高橋はヒザで対応し、離れるとパンチ。2R、高橋は距離を詰めるとホーングトーンのミドルにパンチを合わせる。ホーングトーン組みにくるタイミングを掴み、高橋はパンチ、ヒザ。後半、コーナー際でパンチ連打からヒザで高橋がラッシュ。ロープを掴んで防御したホーングトーンにはイエローカード。3R、やはり高橋はパンチとヒザで攻め、コーナーではストレート、ボディ、アッパー、ヒザと畳み掛ける。ホーングトーンもパンチは返すものの高橋の攻撃に下がる一方。最後まで高橋が攻め続け、判定勝利をものにした。
第8試合

スターティングクラスルール
✕ 山下 実優 vs ユリカGBS ○
※3R判定3-0
1R、左右ミドルを出す山下に、ユリカは左右パンチを連打。組むとユリカはヒザ、互いに投げを狙う。その後も山下の蹴りにユリカはパンチを合わせる。終了間際にもユリカの左がヒット。2R、ユリカは組んでヒザ。山下はヘッドロックに捕らえる場面も見せるが、パンチになるとユリカのストレートが連続して入る。終盤には山下がすくい投げを見せるが、ポイントにはならず。3R、ハイ、ローと蹴りから活路を見出したい山下だが、やはりユリカの左右パンチがヒット。サイドキックにはユリカが右を合わせる。さらにユリカは大きなモーションからの右をヒットする。山下はパンチを返したり飛び蹴りも見せるが、終盤にもユリカのパンチがヒットして終了。ユリカが判定勝利し、山下はSBデビューを白星で飾ることはできなかった。
第7試合

48kg日本トーナメント準決勝
○ 紅絹 vs 美保 ✕
※3R判定3-0
1R、パンチとローで前に出る紅絹は、1分頃に飛び込みざまの左フックをヒット。さらにミドルも繰り出すなど攻める。美保はローやパンチで応戦するが、紅絹はノーガードでかわす場面も。2R、紅絹は出入りから緩急をつけての左フック、ボディ、ミドルで攻める。3R、美保は右をヒットするが、紅絹は左フックやミドルをお返し。美保が右ストレート、ローを出すと、紅絹もフック、ロー、ミドルで反撃。判定は紅絹が取り、MIOの待つ決勝に歩を進めた。
第6試合

48kg日本トーナメント準決勝
○ MIO vs V.V Mei ✕
※延長1R判定3-0
1R、MIOは強いローを2発打ち込むと、ジャブでプレッシャーをかけ、ミドルを打ち込む。Meiは後半組みにいくとフックを繰り出す。2R、ローを出すMIOに、Meiはフットワークを使っての出入りから右フックをヒット、バックブローや投げも見せる。3R、Meiが組みからのフックを出すと、MIOは投げを狙う。ミドルを2発ヒットさせたMIOに、Meiは出入りからのジャブ、フックを繰り出す。判定は三者三様でドロー。延長ラウンド、Meiは投げを出すがポイントにはならず。MIOはロープ際でコンビネーションからの右を2発ヒット。Meiは投げを狙ったりバックブローを出すがやや疲れが見え、判定はMIOに。MIOが激闘を制し決勝進出を決めた。
第5試合

エキスパートクラス特別ルール
○ 宗田 智美 vs 後藤 マキ ✕
※延長1R判定3-0
1R、前進してコンビネーションを繰り出す宗田に、後藤はジャブを中心に応戦。宗田は蹴りから入ると右を振っていく。2R、宗田は前進して組みにいくが、後藤はジャブとヒザで防御。しかし1分過ぎ、宗田は首投げに成功しシュートポイント1を奪取。3Rも宗田が組みにいき、投げも見せるがこれはポイントにならず。後藤はパンチからハイも繰り出すが、組まれた際に自分から腰を落としての防御でイエローカードを提示される。判定は1者が宗田を支持したもののドローに。延長ラウンド、宗田が開始早々から投げにいくなど積極的に前に出る。宗田の右フックに後藤はヒザやジャブで応戦。終了間際に宗田が投げに成功し、シュートポイント1を奪取。これが決め手となり、宗田が延長判定勝利をものにした。
第4試合

48kg日本トーナメント1回戦
✕ Union朱里 vs 美保 ○
※延長1R判定3-0
1R、互いにパンチ中心の攻めを見せる。美保は左フック、右ストレートをヒット。朱里は前蹴りも交え、左ストレートを繰り出す。2R、中盤過ぎに美保が右ストレート。朱里はワンツーで出て反撃。終了間際にも美保は右をヒット。3R、美保は距離を取ってミドルからパンチにつなぐが、朱里は前蹴りから左をヒット。判定はジャッジ3者ともイーブンでドロー。延長ラウンドに突入すると、両者とも回転を上げてパンチを打ち合う。前半は美保の右がヒットし、後半、朱里は組むとヒザ、終盤には左ストレートも入れる。判定は美保が取り、延長にもつれながらも準決勝に進んだ。
第3試合

48kg日本トーナメント1回戦
○ 紅絹 vs MARI ✕
※3R判定3-0
1R、紅絹はミドルからフックをヒット、終盤にはハイキックも繰り出す。MARIはミドルとパンチで応戦。2R、同様に前に出てくる紅絹に、MARIはヒザも交えて対応。紅絹は投げを狙うが、MARIは防御。3Rに入ると紅絹がフックとミドルを中心とした攻めで攻勢を掴む。紅絹が判定勝利で準決勝へ。
第2試合

48kg日本トーナメント1回戦
○ V.V Mei vs 未知 ✕
※3R判定3-0
1R、未知はハイ、ローと蹴りで前に出るが、Meiはバックに回るとバックドロップでシュートポイント2を奪取。その後もMeiはパンチ、ヒザで攻める。2R、パンチとミドルで出てくる未知と、組んで投げたいMei。組むと互いにヒザ。Meiはアッパー、未知はハイ、上段前蹴りを繰り出す。3R、アッパー、ボディで出るMeiに、未知はパンチと蹴りで応戦。組まれるとヒザ。判定はシュートポイント2で優勢を得たMeiがジャッジ3者の支持を勝ち取り、準決勝に駒を進めた。
第1試合

48kg日本トーナメント1回戦
○ MIO vs 松下 えみ ✕
※3R判定3-0
1R、サークリングする松下をローから攻めるMIOは1分頃に投げを決め、シュートポイント1を奪取。2R、MIOは右ストレートからワンツー、ボディと攻める後半にもパンチからヒザ、前蹴りで攻勢。松下はバックブローを見せる。3R、MIOはミドル、組むとヒザ。松下は投げを狙う。中盤には松下のパンチもヒットするが、MIOはヒザ、ローを効かせる。判定はMIOが取り、準決勝進出を決めた。

他の大会結果を見る

『SHOOT BOXING 2017 act.4』

後楽園ホール

2017年9月16日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.4』

SHOOT BOXING Girls S-cup 2017

東京ドームシティホール(TDCホール)

7月7日(金)OPEN/17:00 START/18:00 予定

SHOOT BOXING Girls S-cup 2017

『SHOOT BOXING 2017 act.3』

後楽園ホール

2017年6月16日(金)

『SHOOT BOXING 2017 act.3』

『SHOOT BOXING 2017 act.2』

後楽園ホール

2017年4月8日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.2』

『SHOOT BOXING 2017 act.1』

後楽園ホール

2017年2月11日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.1』

Que Sera Japon presents『SHOOT BOXING  WORLD TOURNAMENT S-cup 2016』

東京TDCホール

2016.11.11(金)

Que Sera Japon presents『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2016』

SHOOT BOXING2016 act.4

後楽園ホール

2016年9月19日(月祝)

SHOOT BOXING2016 act.4

『Girls S-cup2016 ~七夕ジョシカク祭り~』

豊洲PIT

2016年7月7日(木)

『Girls S-cup2016 ~七夕ジョシカク祭り~』

SHOOT BOXING2016 act.3

後楽園ホール

2016年6月5日(日)

SHOOT BOXING2016 act.3

SHOOT BOXING2016 act.2

後楽園ホール

2016年4月3日(日)

SHOOT BOXING2016 act.2

SHOOT BOXING2016 act.1

後楽園ホール

2016年2月13日(土)

SHOOT BOXING2016 act.1

Que Sera Japon Presents SHOOT BOXING 30th ANNIVERSARY “GROUND ZERO TOKYO 2015”

東京・TDCホール

2015年12月1日(火)

Que Sera Japon Presents SHOOT BOXING 30th ANNIVERSARY “GROUND ZERO TOKYO 2015”

pagetop