SHOOT BOXING

『THE LAST BOMB ナグランチューン・マーサM16引退記念試合』

000023940865先日10月3日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)第2競技場にて開催された『THE LAST BOMB ナグランチューン・マーサM16引退記念試合』の試合結果は以下のとおりです。

マーサ引退記念試合をメインとする今大会は、オープニングマッチでジュニアのアマチュアファイトを行い、ラウンドガールならぬラウンドキッズがボードを持って登場するなど、主催の及川道場のカラーが全面に押し出されたアットホームな雰囲気で開催された。

本戦第一試合では、及川道場期待の新星・平山晃大が満を持してのデビュー。回転力の早いパンチとスピードが乗ったキック、安定力のある組技など全局面で非凡な才能を見せつけ、ダウンを奪う圧倒的な内容で初勝利をあげた。

8月に行われたGirls S-cup48kg日本トーナメントで優勝し今回が凱旋試合となったMIOは、MARIを相手に圧巻のバックドロップを決めるなど王者らしい勝利。

そしてプロデビュー後初となる地元大阪での試合に挑んだ海人は、難敵・瑠輝也を相手に見事なカウンターで逆転KO勝利。

その他、及川道場の池上孝二と平井慎介が手堅い攻めで判定勝利をおさめ、久々の登場となったKING皇兵が柔道仕込みの投げを連発しSBルールを存分に活かした闘いを見せつければ、元RISE王者・一刀は、深田一樹を強烈な左ボディーで追い込み最後は右ストレートで2度のダウンを奪いTKO勝利をおさめるなど、全選手がメインのマーサにエールを送るような試合で会場を盛り上げた。

大会概要

『THE LAST BOMB ナグランチューン・マーサM16引退記念試合』

10月3日(土)、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)第2競技場で開催いたします、ナグランチューン・マーサM16引退興行の全対戦カードが決定しました。
 
マーサがラストマッチで“日本人キラー”というべき強豪マキ・ピンサヤームと対戦する他、新たにMIOvsMARIなどが決定。今大会にはシュートボクシングの関西勢を代表する選手たちが集結します。そして対戦相手はRISEフェザー級1位の一刀など、こちらも強豪揃い。シュートボクシング軽量級を牽引したマーサの引退興行にふさわしい激闘に、ぜひご期待ください。
 
なお、チケットはシュートボクシング関西イベント事業部・立志会館にて販売中です。A席はご好評につき完売いたしましたが、¥7000席と¥10000の席が増席される事になりました。残りわずかとなってきておりますので、ご希望の方はお早めにお買いお求め下さい。
 

対戦カード

第10試合・メインイベント/エキスパートクラスルール(スーパーフェザー級=60kg)
元SB日本フェザー級王者
ナグラチューン・マーサM16(及川道場)
vs 
マキ・ピンサヤーム(真樹ジムAICHI)
 
第9試合・エキスパートクラス特別ルール(スーパーフェザー級=60kg)
SB日本スーパーフェザー級1位
池上孝二(及川道場)          
vs
HIROKI(Dropout)
                     
第8試合・エキスパートクラス特別ルール(フェザー級=57.5kg)
RISEフェザー級1位
一刀(日進会館)
vs
SB日本フェザー級2位
深田一樹(龍生塾ファントム道場)
    
第7試合・エキスパートクラス特別ルール(63kg契約)               
SB日本ライト級1位
海人(立志會館) 
vs
瑠輝也(SFKキックボクシングジム)  
 
第6試合・エキスパートクラス特別ルール(女子ミニマム級=48.0kg)      
Girls S-cup 2015 48kg級日本トーナメント優勝                
MIO(及川道場)
vs
J-GIRLSミニフライ級7位
MARI(NJKF・ナックルズGYM)
            
第5試合・エキスパートクラス特別ルール(64.0kg契約)
SB日本スーパーライト級3位       
平井慎介(及川道場)
vs
藤坂弘樹(M-FACTORY)  
        
第4試合・エキスパートクラス特別ルール(62.0kg契約)   
キング皇兵(ROYAL KINGS) 
vs
松崎妖輔(ハーデスワークアウトジム)
  
第3試合・エキスパートクラス特別ルール(66.0kg契約)              安東 辰也(及川道場) 
vs
チューチャイ・ハーデスワークアウト(ハーデスワークアウトジム)
  
第4試合・エキスパートクラス特別ルール(64.0kg契約)
佐藤智啓(及川道場)
vs
どん冷え貴也(Dropout)  
      
第1試合・スターティングクラスルール(54kg契約)
平山滉大(及川道場)
vs           
オーガ丸畑(ゼロ戦クラブ)                         
[アマチュアSBワンマッチ/2分×2R・延長1R]
55.0kg契約
木谷陸(及川道場)
vs     
川上叶(龍生塾)
  
50.0kg契約
坂口魁斗(立志會館)
vs
三田歩 (龍生塾)
 
46.0kg契約
古川桃花(及川道場)
vs
林優里(大原道場)
 
53.0kg契約
野口歩夢(及川道場)
vs
成本優良(誠空会)
 
43.0kg契約
成田空琉(及川道場)
vs
戸江那月(修和館)
 
31.0kg契約
山内夢空(及川道場)
vs
下茅樹生(拳心會館)
 
〈試合形式〉
エキスパートクラスルール=3分×5R・無制限延長ラウンド
エキスパートクラス特別ルール=3分×3R・無制限延長ラウンド
フレッシュマンクラスルール=3分×3R・延長最大2ラウンド
スターティングクラスルール=2分×3R・延長1ラウンド
 

大会詳細

大会名
『THE LAST BOMB ナグランチューン・マーサM16引退記念試合』
日時
2015年10月3日(土)OPEN/13:00 START/13:30
会場
大阪府立体育会館・第2競技場
第10試合
メインイベント
エキスパートクラスルール(スーパーフェザー級=60kg)
✕ ナグランチューン・マーサM16 vs マキピンサヤーム ○
※3R TKO
1ランウド、軽いパンチの交差からマーサがローキックをヒットさせると、ピンサヤームはパンチから鋭いハイキックでけん制。それを紙一重でかわしたマーサは、さらに右ストレート、フック、ローで攻める。 度々顔面を捉えるマーサの攻撃に、ピンサヤームが強いパンチを返しさらにコンビネーションから再び強烈なハイキックを放つと、ガード越しにも大きな破裂音が鳴り響き会場がどよめく。 しかしマーサは怯まずに力を込めたパンチからローを打ち込むと、ピンサヤームも重たいローキックを返し一進一退の攻防。 2ランド序盤から圧力をかけ始めたピンサヤームの強いパンチが徐々にヒットし始めるが、マーサもガードしてローキックを返し追撃を許さない。しかしやはりピンサヤームのパンチのヒット数が上回ってきたか。 3ラウンドに入ると、さらに圧力を増したピンサヤームの猛攻にロープを背負う場面が多くなるマーサ。 必死に攻撃を返すが、手数をさらに増したピンサヤームの強烈な左フックを浴びてたまらずダウン。 気合の表情で立ち上がりダメージの回復に努めるマーサだが、この機を逃さないピンサヤームが一気に間合いを詰め、再び追撃の左フックにマーサが膝から崩れ落ちたところでレフリーが試合をストップした。 痛烈な幕引きとなったが、引退試合で強敵を相手に真っ向勝負を挑んだマーサに会場からは惜しみない拍手が沸き起こった。
第9試合

エキスパートクラス特別ルール(スーパーフェザー級=60kg)
○ 池上 考二 vs HIROKI ✕
※3R判定
第8試合

エキスパートクラス特別ルール(フェザー級=57.5kg)
○ 一刀 vs 深田 一樹 ✕
※3R判定
第7試合

エキスパートクラス特別ルール(63kg契約)
○ 海人 vs 瑠輝也 ✕
※2R KO
1ラウンド序盤から、長身を活かした瑠輝也のパワフルな打撃に後退を余儀なくされる海人。海人もパンチのコンビネーションを返すが、瑠輝也の力強い攻撃に上体を起こされ打撃に威力が乗らない。 パンチの打ち合いでも瑠輝也の強烈な左ボディが海人の体力を徐々に削り、KOを狙う大きなパンチを海人が紙一重でかわす展開が続く。 2ラウンドに入っても瑠輝也の勢いは止まらず、ポイントで大きく差がついたとと思われたその瞬間、海人が瑠輝也のボディフックに左のショートフックを一閃。 たたらを踏んでダウンを喫した瑠輝也がカウント8で立ち上がると、一気に勝負を仕掛ける海人。 なんとかレフリーのブレイクで持ちこたえた瑠輝也の顔面に、今度は強烈な前蹴りをヒットさせ、瑠輝也がたまらずダウン。レフリーが10カウントを数え、海人が初となる大阪凱旋試合をKO勝利で飾った。
第6試合

エキスパートクラス特別ルール(女子ミニマム級=48.0kg) 
○ MIO vs MARI ✕
※3R判定
1ラウンドからスピーディーな攻防で会場を引き付けた両者。序盤から早いだけではなく威力の乗った激しい打撃戦を展開する。 2ラウンドに入ると蹴り主体の攻撃で間合いを取るMARIに、バックステップからカウンターのストレートを巧みに合わせるMIO。 MARIもパンチで応戦するが、MIOが左ボディ、右ストレートを確実にヒットさせ次第に試合の主導権を握ると、組技でも徐々にMARIを圧倒。 3ランドには、組みの体制からバックに回ったMIOが打点の高い見事なバックドロップを決め2ポイントを奪取。 さらにポイントを奪ったMIOが大差の判定勝利を収めた。
第5試合

エキスパートクラス特別ルール(64.0kg契約)
○ 平井 慎介 vs 藤坂 弘樹 ✕
※3R判定
第4試合

エキスパートクラス特別ルール(62.0kg契約)
○ キング皇兵 vs 松崎 妖輔 ✕
※3R判定
第3試合

エキスパートクラス特別ルール(66.0kg契約)
✕ 安東 辰也 vs チューチャイ・ハーデスワークアウト ○
※3R判定
第4試合

エキスパートクラス特別ルール(64.0kg契約)
✕ 佐藤 智啓 vs どん冷え貴哉 ○
※3R判定
第1試合

スターティングクラスルール(54kg契約)
○ 滉大 vs オーガ 丸畑 ✕
※3R判定

他の大会結果を見る

『SHOOT BOXING 2017 act.4』

後楽園ホール

2017年9月16日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.4』

SHOOT BOXING Girls S-cup 2017

東京ドームシティホール(TDCホール)

7月7日(金)OPEN/17:00 START/18:00 予定

SHOOT BOXING Girls S-cup 2017

『SHOOT BOXING 2017 act.3』

後楽園ホール

2017年6月16日(金)

『SHOOT BOXING 2017 act.3』

『SHOOT BOXING 2017 act.2』

後楽園ホール

2017年4月8日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.2』

『SHOOT BOXING 2017 act.1』

後楽園ホール

2017年2月11日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.1』

Que Sera Japon presents『SHOOT BOXING  WORLD TOURNAMENT S-cup 2016』

東京TDCホール

2016.11.11(金)

Que Sera Japon presents『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2016』

SHOOT BOXING2016 act.4

後楽園ホール

2016年9月19日(月祝)

SHOOT BOXING2016 act.4

『Girls S-cup2016 ~七夕ジョシカク祭り~』

豊洲PIT

2016年7月7日(木)

『Girls S-cup2016 ~七夕ジョシカク祭り~』

SHOOT BOXING2016 act.3

後楽園ホール

2016年6月5日(日)

SHOOT BOXING2016 act.3

SHOOT BOXING2016 act.2

後楽園ホール

2016年4月3日(日)

SHOOT BOXING2016 act.2

SHOOT BOXING2016 act.1

後楽園ホール

2016年2月13日(土)

SHOOT BOXING2016 act.1

Que Sera Japon Presents SHOOT BOXING 30th ANNIVERSARY “GROUND ZERO TOKYO 2015”

東京・TDCホール

2015年12月1日(火)

Que Sera Japon Presents SHOOT BOXING 30th ANNIVERSARY “GROUND ZERO TOKYO 2015”

pagetop