SHOOT BOXING

SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2012

大会概要

SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2012

2年に一度の立ち技格闘技世界最強決定戦『SHOOT BOXING WORLD TOURANAMENTS-cup2012』(11月17日 東京・両国国技館)の出場選手第一弾が決定! 9月29日(土)浅草ビューホテルで行われた記者会見にて、前SB東洋太平洋ウェルター級王者・宍戸大樹(シーザージム)、SB日本ライト級王者・鈴木博昭(ストライキングジムAres)、S-cup2002・2004・2008優勝のアンディ・サワー(オランダ)、第6代修斗世界ウェルター級王者、初代DREAMライト級王者ヨアキム・ハンセン(ノルウェー)の出場がシーザー武志会長から発表された。

 シーザー武志会長はこの4名を選考した理由を次のように語る。

「鈴木が出ることによってSBに新しい風が吹くのではないという期待で選びました。今回は経験を積ませるという意味合いもあり、次のS-cupにも出られるくらいに育てていきたい。宍戸に関してはよくあそこ(9・17後楽園ホール大会における日本代表最終査定試合で鈴木悟を1RでKO)で勝ったな、と。あの勝ちは15年のキャリアの集大成が出たんじゃないかと思う。あのファンの興奮をそのままS-cupに持っていきたいと思いました。ハンセンは前々からSBの戦い方にピッタリの男だと思っていました。4年前くらいにS-cupに出そうと思ったんですが実現せず、今回DREAMさんの協力があり4年間の想いがかなって嬉しい。サワーは今回、S-cupに出場するのはこれがラストとの気持ちを持っています。サワーが出場する最後のS-cupを日本のファンに見て欲しい」

 シーザー会長によれば、サワーは過酷なワンデートーナメントに出場するのはこれが最後だと考えているという。また、今回が4度目のS-cup挑戦となる宍戸も「S-cup挑戦はこれが最後になるかもしれませんが、15年間培ってきたものを全てぶつけて、最高の感動を皆さんと共有したい。これが最後の舞台と考えて、捨て身で臨みたい」と語った。

 今回がSB初参戦となるハンセンは「S-cupに出場することが出来て光栄だ。何年か前にもSBで戦うチャンスがあったが実現せず、今回チャンスをつかむことが出来てワクワクしている。自分はSBルールにも対応出来ると思うので、この大きな大会の一員になれて感謝している」と挨拶。9・17後楽園大会でSBを初めて生で観戦し、「感動した」と言う。最近は63kgで試合をしていたが、「通常体重が75~76kgあるので70kgが自分のベストだと思う」と再び階級を上げることにも戸惑いはない。立ち技の試合もノルウェーでキックボクシングを2試合、アマチュアボクシングもスカンジナビア大会で14試合を経験しているという。さらに「スタンディングの肩固めなどSBで使える技は以前から練習しているし、新しい技を披露したい」と、投げ・立ち関節技が認められるSBルールにも自信をのぞかせる。

 今回、62kg以下のライト級ながら70kg以下のS-cupに挑戦することになった鈴木は、「体重のことをいろいろ言われましたが、ここでやらなければ格闘家じゃない。身体の大きさとか面倒くさいことは置いておいて、全力でやります。常識破りの結果を出す」と無謀とも思える挑戦に意欲を燃やす。そして、「プロ格闘技ではなかったけれども、デカイ外国人さんをシバくのは初めてじゃない。ハンセンの試合は昔からPRIDEで見ていて、強そうないかつい兄さんだと思っていました。出来れば1回戦で俺とぶん殴り合ってくれないかと思う」と、1回戦でハンセンとやりたいと挑発した。

 それを受けてハンセンは「鈴木は素晴らしい選手だと思っているので、試合が出来たら光栄だ。宍戸、鈴木、アンディ・サワー……誰でもいい。誰とでも戦ってみたい。いい試合になると思う」と、誰とでも戦うと言い放った。

 なお、残る出場選手4名は「世界中から選定している」とのこと。2年に一度の立ち技格闘技世界最強決定戦で、頂点に立つのは誰だ!?

大会詳細

大会名
SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2012
日時
2012年11月17日(土)OPEN 15:00/本戦START16:00
会場
両国国技館
第14試合
S-cup2012決勝戦
3分3R延長2R
○ アンディ・サワー vs ヘンリー・オプスタル ✕
※3R判定3-0
第13試合
セミファイナル
エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
○ トビー・イマダ vs アブドラヒ・モスィ ✕
※3R判定2-0
第12試合

エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
○ 才賀紀左衛門 vs MASAYA ✕
※3R判定3-0
第11試合
S-cup2012 準決勝第2試合
3分3R延長1R
○ アンディ・サワー vs 宍戸 大樹 ✕
※1R2:41 KO
第10試合
S-cup2012 準決勝第1試合
3分3R延長1R
○ ヘンリー・オプスタル vs 鈴木 悟 ✕
※1R0:42 KO
第9試合
SB公式戦
エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
○ 小宮山 工介 vs ナグランチューン・マーサM16 ✕
※3R判定2-0
第8試合
SB公式戦
エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
○ マグナム酒井 vs 井上 俊介 ✕
※3R1:33 KO
第7試合
S-cup2012 1回戦第4試合
3分3R延長1R
○ アンディ・サワー vs ケム・シッソーンピーノーン ✕
※3R判定2-0
第6試合
S-cup2012 1回戦第3試合
3分3R延長1R
○ 宍戸 大樹 vs ジェシアス・カバウカンチ ✕
※3R判定2-0
第5試合
S-cup2012 1回戦第2試合
3分3R延長1R
○ ヘンリー・オプスタル vs ボーウィー・ソーウドムソン ✕
※3R判定2-0
第4試合
S-cup2012 1回戦第1試合
3分3R延長1R
○ 鈴木 博昭 vs ヨアキム・ハンセン ✕
※3R判定3-0
第3試合
S-cup2012 リザーブマッチ
3分3R延長1R
○ アンディ・リスティ vs 日菜太 ✕
※1R2:31 TKO
第2試合
S-cup2012 リザーブマッチ
3分3R延長1R
○ 鈴木 悟 vs 郷野 聡寛 ✕
※1R3:00 TKO
第1試合

3分3R
○ 森 幸太郎 vs 坂本 優起 ✕
※3R判定3-0
オープニングマッチ第3試合

エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
○ 伏見 和之 vs 深田 一樹 ✕
※3R判定3-0
オープニングマッチ第2試合

エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
○ 島田 洸也 vs 晃希 ✕
※3R判定3-0
オープニングマッチ第1試合

エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
○ 篠原 基宏 vs 石塚 勇史 ✕
※3R判定3-0

他の大会結果を見る

『SHOOT BOXING 2017 act.4』

後楽園ホール

2017年9月16日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.4』

SHOOT BOXING Girls S-cup 2017

東京ドームシティホール(TDCホール)

7月7日(金)OPEN/17:00 START/18:00 予定

SHOOT BOXING Girls S-cup 2017

『SHOOT BOXING 2017 act.3』

後楽園ホール

2017年6月16日(金)

『SHOOT BOXING 2017 act.3』

『SHOOT BOXING 2017 act.2』

後楽園ホール

2017年4月8日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.2』

『SHOOT BOXING 2017 act.1』

後楽園ホール

2017年2月11日(土)

『SHOOT BOXING 2017 act.1』

Que Sera Japon presents『SHOOT BOXING  WORLD TOURNAMENT S-cup 2016』

東京TDCホール

2016.11.11(金)

Que Sera Japon presents『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2016』

SHOOT BOXING2016 act.4

後楽園ホール

2016年9月19日(月祝)

SHOOT BOXING2016 act.4

『Girls S-cup2016 ~七夕ジョシカク祭り~』

豊洲PIT

2016年7月7日(木)

『Girls S-cup2016 ~七夕ジョシカク祭り~』

SHOOT BOXING2016 act.3

後楽園ホール

2016年6月5日(日)

SHOOT BOXING2016 act.3

SHOOT BOXING2016 act.2

後楽園ホール

2016年4月3日(日)

SHOOT BOXING2016 act.2

SHOOT BOXING2016 act.1

後楽園ホール

2016年2月13日(土)

SHOOT BOXING2016 act.1

Que Sera Japon Presents SHOOT BOXING 30th ANNIVERSARY “GROUND ZERO TOKYO 2015”

東京・TDCホール

2015年12月1日(火)

Que Sera Japon Presents SHOOT BOXING 30th ANNIVERSARY “GROUND ZERO TOKYO 2015”

pagetop