シュートボクシング
シュートボクシングとは

What’s SHOOT BOXING?

シュートボクシングは、
1985年に、元キックボクシング日本ウェルター級チャンピオン、シーザー武志(現、会長)によって創設された、
パンチ、キックに加え、投げ技や立った状態での関節技が認められた立体総合格闘技です。

“サムライは立って闘う”

シュートボクシングで培われる精神性を日本に、世界へ。
シュートボクシングは、日本発祥の格闘技として、
「武士道」を重んじ、武士は倒れた相手を攻撃しないというサムライの闘い、精神を踏襲しています。
シュートボクシングは、巷に溢れている一過性かつ話題づくりのショー(格闘技の興行)ではなく、
また喧嘩の延長では断じてなく、妥協なき真剣勝負を行うスポーツです。
練習や試合で学べる礼節、シュートボクシングを通して得られる身体的な強さ、
そして鍛えられる健全な精神を、選手のみならず、青少年少女や非行少年、不登校児など、
多くの人々へ伝えていくことを目標に掲げております。



オフィシャルスポンサー