SHOOT BOXING

6月26日(日)台東リバーサイドスポーツセンター第一武道場にて行われる第12回ライトアマチュアシュートボクシング選手権東京大会の締切が6月13日(月)と迫ってきました。
初心者を対象とし、ずば抜けた体力がなくても参加出来るルールのもと、回を重ねるごとに出場者が増えてまいりました。
一般の部はもとより、女子の部、キッズの部も参加者を募集中、日頃の練習の成果をこの機会に是非、お試しください。

 

 


大会概要

大会名    第12回ライトアマチュアシュートボクシング選手権東京大会

日 時    2011年6月26日(日)

午前11時集合 午前12時試合開始

場 所  台東リバーサイドスポーツセンター体育館 3階第一武道場

東京都台東区今戸1-1-10 TEL03‐3872‐3181

参加費  4,500円

※必ず申込期限内に現金書留にて下記住所まで参加費・申込用紙をお送り下さい。

送り先住所 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-2-8 シュートボクシング協会

TEL 03-3843-1212

締め切り  6月13日(月)

お問い合わせ先:シュートボクシング協会 TEL 03-3843-1212

 


参加資格

原則としてあらゆる格闘技のプロの試合経験、または,あらゆる格闘技のアマチュア大会における入賞経験歴を持たない、心身ともに健康な男女

 

競技ルール概要

階  級 55kg以下の部 ~55kg  (12オンスのグローブ使用)
60kg以下の部 ~60kg  (12オンスのグローブ使用)
65kg以下の部 ~65kg  (12オンスのグローブ使用)
70kg以下の部 ~70kg  (14オンスのグローブ使用)
75kg以下の部 ~75kg  (14オンスのグローブ使用)
75kg以上の部 75kg~  (14オンスのグローブ使用)
女子の部
中学生の部
キッズの部

(低学年)

小学1年生から小学3年生まで
キッズの部

(高学年)

小学4年生から小学6年生まで
*5kg以上の体重差がある場合は2オンスのグローブハンディ
ラウンド トーナメント方式を採用し、2分×1ラウンド(一般・女子・中学生)、1分×1ラウンド(キッズ低学年)、130秒(キッズ高学年)とし、勝敗が着かない場合、1分×1ラウンドの延長ラウンドを一回のみ行なう
試合用具 ・プロテクター付きのフェイスガード ← 主催者で用意します

・ボディプロテクター        ← 主催者で用意します

・グローブ(12~14オンス)   ← 主催者で用意します

・ヒザ・スネサポーター       ← 選手持参

・その他マウスピース・ファールカップ・バンテージなど

← 選手持参

服装 スパッツ、Tシャツ(ジム名入り、大会指定Tシャツ)

※キッズの部はジム・道場の道着・スパッツ・Tシャツ

※スパッツ以外のパンツは認めません

試合会場 7m四方の柵の無い畳上(赤畳で枠をした)で行なう
審  判 主審1名・副審2名の計3名によるジャッジを行なう

採点基準 <打撃>

 

審判員により、防具が無い状態にあった場合、確実なダメージとなるであろうことが判断された攻撃や、ガードをしていない部分への、明らかなクリーンヒット、そして連打によるダメージが予測される場合は、即座に両者を分けKOによって勝敗を決する。ダウンはカウントを数えず、即座に試合を終了

する。

<投げ技>

両足が宙に浮いた状態で、背中から強く落ちた投げ技をシュートポイントとし、シュートポイント2回でTKOとするシュートポイントに至らない不完全な状態でありながら、限り無くシュートポイントに近いと判断された投げ技を「有効」とし、この「有効」2回でシュ-トポイント1回に相当するものとする。

有 効 技 <打撃>

パンチ:ジャブ・ストレート・フック・アッパー・バックハンドブロー

キック:ローキック・ミドルキック・ハイキック・前蹴り・跳び蹴り

サイドキック・バックキック・スピンキック・踵落とし・胴への膝蹴り

<投げ技>

一本背負い・背負い投げ・払い腰など、投げ手の前方への投げ技

足払い・タックルからの双手刈り

反 則 技 審判員3名によって反則と判断された以下の行為には、「注意」が与えられる

・パンチによるベルトラインより下への攻撃(ローブロー)

・後頭部・背中背面への攻撃

・金的への攻撃

・肘による攻撃

・顔面への膝蹴り

・倒れている相手への攻撃

・投げ手の後方への投げ技(バックドロップ・スープレックス等)

・あらゆる関節技・首締め

・投げ技に対して、膝を着く、しゃがみこむなどの消極的行為

・故意による場外

失  格 ・主審により「注意」を2回宣告された場合

・計量時に、規定の体重を超えた場合

・試合時間に遅れた場合(試合準備の遅れ含む)

・審判の指示に従わず素行不良であると判断された場合


pagetop