シュートボクシング
大会情報

SHOOT BOXING 2022 act.1

2022年2月13日(日)東京・後楽園ホール

開場/17:00 開始/17:30

主催/一般社団法人シュートボクシング協会
認定/シュートボクシングコミッション
運営/株式会社シーザー・インターナショナル
協力病院/格闘メディカル協会・東京警察病院
衣装協力/BEAMS

チケット料金/
SRS席15,000円(パンフレット付)
RS席10,000円
SS席7,000円
A席5,000円
※当日券は各¥500UP

■チケットぴあ TEL0570-02-9999<Pコード:594-600>
http://pia.jp/ (PC・携帯・スマホ共通) 毎週 火曜日・水曜日の2:30~5:30AMを除く
セブン-イレブン<24時間 毎週火・水曜日の1:30AM~5:30AMを除く>
■イープラス http://eplus.jp/ (PC・携帯・スマホ共通) ファミリーマート店内Famiポート
■後楽園ホール TEL 03-5800-9999 (当日販売のみ)
■シュートボクシング公式ネットショップ https://www.funity.jp/tickets/shootbox/showlist

チケット発売日/1/22より発売


見所

2月13日(日)東京・後楽園ホールで開催されるシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2022 act.1』の第一弾対戦カードが発表された。

出場が決定していたS-cup2018世界王者・海人(TEAM F.O.D)の相手はチューチャイ・ハーデスワークアウトジム(タイ)に決定。チューチャイは元ラジャダムナンスタジアムウェルター級5位、ルンピニースタジアムでは6位にランクイン。180戦以上の実績があり、日本ではホーストカップを主戦場にすると、長島☆自演乙☆雄一郎、ダニロ・ザノリニ、匡志YAMATOとの一戦をクリアー。昨年12月にはHOOST CUP日本EXミドル級王座決定戦トーナメントを制しベルトを獲得し、その勢いのままSBのリングに残り込む。

対する海人は作年2月のREBELSで日菜太との70kg級日本人最強決定戦を制し、前戦となった12月大会ではジョー・FELLOWGYMに2RKO勝ちし、現在9連勝中。2022年こそは世界の強豪との対戦をアピールする海人はチューチャイ撃破で大きく前進するか。

また、前回の12月大会でKNOCK OUT-REDライト級王者・重森陽太にジャーマンスープレックスを決めて“これぞシュートボクサー!”といえる勝ちっぷりを見せた笠原弘希(シーザージム)が小川翔(OISHI-GYM)と激突。小川は常に国内ライト級トップ戦線で活躍し、HOOST CUP日本スーパーライト級、WBCムエタイ日本ライト級など数々のタイトルを獲得している実力者。技巧派であり、いくら打たれても微動だにせず猛然と殴り返す鉄人ぶりが評価されRIZINやRISEのリングにも参戦。以前、SBの海人、西岡蓮太が他団体で小川と対戦しているが、ともに接戦を演じている。

笠原は今後、西岡が保持するSB日本ライト級王座を狙うだけでなく、原口健飛、直樹、白鳥大珠といった他団体の同階級の実力者との対戦をアピールしており、それを実現させるためにも難攻不落の小川をきっちり仕留めることが出来るかに注目が集まる。

対戦カード・出場選手

▼70.0kg契約 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
エキスパートクラスルール
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、前SB日本スーパーライト級王者、SB日本スーパーウェルター級1位)
vs
チューチャイ・ハーデスワークアウトジム(タイ/HOOST CUP日本EXミドル級王者)

▼63.0kg契約 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
エキスパートクラスルール
笠原弘希(シーザージム/前SB日本スーパーフェザー級王者、SB日本ライト級1位)
vs
小川 翔(OISHI-GYM/HOOST CUP日本スーパーライト級王者)

◎出場予定選手
植山征紀(龍生塾ファントム道場/SB日本スーパーバンタム級王者)
川上叶(龍生塾/前SB日本バンタム級王者)
坂本優起(シーザージム/SB日本ヘビー級2位)
山田彪太朗(シーザージム/SB日本フェザー級2位)
山田虎矢太(シーザージム/SB日本スーパーバンタム級6位)






オフィシャルスポンサー