SHOOT BOXING

NEWS

IMG_15024月17日、名古屋の日本ガイシホールにて開催された『RIZIN.1』に、シュートボクシングからRENAが出場しました。昨年大晦日にはRIZINでMMAデビューを飾ったRENA。今回はシュートボクシングルールで、ブラジルの名門シュートボクセ所属のシンディ・アルベスと対戦。ニューコスチュームで登場したRENAは、1Rからローキックを的確にヒットさせる好調な立ち上がり。相手の攻撃もしっかり見切ると、2Rにはバックドロップを豪快に決めてシュートポイントを奪取。
 
最終3Rには顔面への前蹴り、パンチの連打でアルベスを圧倒したRENA。判定3-0で快勝を収めました。KOを逃したことで「チョー悔しい!スカッと勝ってシュートボクシングをアピールしたかったんですけど」と語ったRENAでしたが、「もっと最強を目指して、またRIZINに戻ってきたいです」とも。大晦日からの連続参戦で存在感を示したRENA。今後の活躍にご期待ください。
 

RENAのコメント

「思い通りにはいかない試合でしたね。バックドロップを決められたのはよかったですけど、それ以外は反省です。次に向けて練習内容も変えないと。みなさんにシュートボクシングの強さを伝えたいと思っていて、倒さないといけないというプレッシャーがありました。珍しく動きが硬かったです。次のRIZINはシーザー会長、榊原さんと相談して。まずはGirls S-cupがあるので、そこに集中します」
 

pagetop