SHOOT BOXING

NEWS


試合結果

※SP=投げ技によるシュートポイント/KP=絞め・関節技によるキャッチポイント
○ナグランチューン・マーサM16(及川道場/SB日本フェザー級王者)
●ジョシュ・ト―ナー(JABOUT/ISKA豪州ムエタイフェザー級王者)
判定(3-0/4RにマーサがSP1獲得)

1ラウンド、ゆっくりした出だしのなかジョシュの出方をうかがいながらマーサが徐々にプレッシャーをかける。タイ式のジョシュに、マーサは独特のリズムでパンチを打ち込む。4連続KO中のマーサだけあって、セミファイナルまでの試合とは一味も二味も違う打撃の炸裂音に会場がどよめく。5連続KOに一気に期待が高まるが、ジョシュはそのパンチを受けながらも強いフックとミドルキックで応戦。

続く2ラウンド、間合いを掴んだマーサが一気にラッシュを仕掛け、パンチ連打からのレバーブローでジョシュを九の字にさせる。しかし、時折返すジョシュの強打を警戒して深追いはせず。3ラウンドには顔面への右フックでたたらを踏ませ再びラッシュを仕掛けたが意地の反撃をみせるジョシュにKOチャンスを逃す。

4ラウンドにはローキックを効かせ、飛びヒザ蹴りやハイキックを決めて完全決着を予感させるも、タフなジョシュを仕留め切ることが出来ず5ラウンドを終了。3-0のフルマークで文句なしの判定勝利となったが、幾度かあったKOチャンスを逃してしまったマーサは「ジョシュの感の良さと一発の重さを警戒し過ぎてKOを逃してしまいました。それまでKOも少なくて会場も今一つ沸いてなかったんで、メインイベンターとして最後はキッチリ締めたかった。悔しいです」と反省の言葉を口にした。
(ジャッジ※50-46/50-45/50―46)

○藤本 昌大(龍生塾/SB日本スーパーバンタム級1位)
●津田 達也(立志会館/SB日本スーパーバンタム級4位)
5ラウンドKO/4Rに藤本がSP1獲得
空位となっている日本スーパーバンタム級の時期王座挑戦者決定戦として行われたこの試合。1位の藤本は、昨年11月の『SHOOT the SHOOT2011』で修斗世界ランカーの猿丸ジュンジを破った2位・伏見和之に勝ち越しているほか、ムエタイ戦士ボーロン・ポー.プラムックをKOするなど素早い蹴りを武器にトップランキングに君臨する実力者。
一方の津田は、昨年上位ランカーの伏見をハイキックでKOするなどメキメキ頭角を現しつつある期待の新星。1ラウンドから、お互いの武器である素早いキックの応酬。時折大きなパンチを振るう藤本と、そこにカウンターの左ストレートを合わせる津田。中盤まで両者一進一退の攻防を繰り広げるも、3ラウンドを終了したところで津田のスタミナが切れたか、手数が減り後ろに下がらせられる場面が多くなる。

最終ラウンドに、右をクリーンヒットさせた藤本が一気にパンチラッシュを仕掛け津田から2度のダウンを奪いKO勝利を収めた。

○元 貴(立志會館/SB日本フェザー級4位)
●石塚 勇史(福知山ジム/SB日本フェザー級)
判定(3-0/2R元貴が右ストレートでダウン奪う)

○平井 慎介(及川道場/SB日本ライト級4位)
●前田 修(GETOVER)
判定/延長1R(3-0)

○百武 政敏(誠空会/SB日本スーパーウェルター級)
●DAI(誠至会/NJKFスーパーウェルター級3位)
判定(3-0/DAIが足にワセリン塗る反則で減点1スタート)

○西村 昌平(立志會館/SB日本スーパーバンタム級)
●深田 一樹(龍生塾/SB日本スーパーバンタム級)
判定(3-0)

●岡 加奈子(立志会館/SB日本女子バンタム級)
○MINA(秀晃道場/SB日本女子バンタム級)
1ラウンドKO(MINA契約体重オーバーにグローブハンディ+減点2スタート)

前日計量で、MINAが54.0kgの契約ウェイトを2.5kgオーバーし、再計量でも1.9kgオーバーとなったため、主催者と審判団で協議し対戦相手である岡の同意のもと急遽グローブハンディマッチとして行われることとなった。MINAには他に、レッドカード2枚による減点2とファイトマネーの100%没収というペナルティーが与えられた。
減点2スタートとなったMINAは、ゴングと同時に岡に怒濤のラッシュを仕掛け強烈な右ストレートでいきなりダウンを奪う。なんとか立ち上がった岡だが、再びMINAの猛連打を浴びて膝から崩れ落ち、1ラウンド35秒の衝撃のKO決着に会場は凍りついた。
勝ったMINAだが、試合後の控室では「信用していた自前の計量機が壊れていて、とんでもない契約違反を犯してしまい本当に申し訳ないです。そんな状況で試合を受けてくれた岡選手には心から感謝してます。」と反省しきり。しかし「こんな私ですが、あとは試合で見せるしかないと思ったので全力でいかせていただきました。このミスをしっかり反省して、もっともっと練習して近いうちに高橋藍さんをKOしてベルトをいただきたいと思います。」と、キッチリ“女王”高橋への宣戦布告を宣言。

○泉 元紀(立志会館/SB日本スーパーバンタム級)
●二田水 敏幸(NEX SPORTS)
判定/延長1R(3-0/3Rに二田水がKP1獲得)

○柴 博(総合格闘技道場MIBURO)
●上堂地 誠(グラップリングシュートボクサーズ三重)
判定(3-0/柴1RにSP獲得)

○山室 良太(寝屋川ジム/SB日本スーパーフェザー級)
●林 眞平(魁塾/SB日本スーパーフェザー級)
判定(3-0)

●岡本 鉄也(誠空会)
○三浦 大介(寝屋川ジム)
判定/延長1R(3-0)

●植山 征紀(龍生塾)
○井上 直樹(白心会)
判定(3-0)

pagetop