SHOOT BOXING

NEWS

6月1日、後楽園ホールにて開催された『REBELS.43』に、シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者の内藤大樹が出場しました。RISEバンタム級次期挑戦者決定トーナメント準決勝戦として行なわれたこの試合で、内藤はREBELS 52.5kg級王者の小笠原瑛作と対戦。
 
注目のチャンピオン対決で、内藤は1Rにバックブローを直撃され、いきなりダウン。その後は右ミドル、ジャブ、左フックで反撃していくものの、ラウンド終盤には右フックをヒットされ、厳しい展開に。
 
2R、やや後手に回った印象の内藤でしたが、それでもローキック、左ハイなどで徐々に盛り返すと、3Rもアグレッシブに前進。しかし小笠原の前蹴り、左ミドルといった要所を押さえる攻撃に阻まれ、ポイントを取り返せないままに試合終了。判定3-0での敗戦となりました。
 

pagetop