SHOOT BOXING

NEWS

バリーズ・カラバス②来る6月5日(日)後楽園ホールで開催するシリーズ第3戦『SHOOT BOXING 2016 act.3』に出場を予定していたザカリア・ゾウガリーが、練習中に鼻骨を激しく骨折して手術を受けることとなり今大会を欠場する運びとなりました。
 
ゾウガリーは、4月3日にオランダでアンディ・サワーがモハメド・カマルと対戦した『WFL』に出場を予定していましたが、鼻骨骨折により欠場。怪我が回復して今大会での復帰戦を予定しておりましたが、再び同じ個所を大きく骨折して今度は手術を受けることとなったため現在のところ長期欠場となる見込みです。ゾウガリーの試合を楽しみにされていたファンの皆様には心よりお詫び申し上げます。
 
これに代わりまして、この度、アンディ・サワーが今秋開催予定のS-cup65kg世界トーナメントに推薦するWPKLベルギーSライト級王者バリーズ・カラバス(Team Slamm)が出場し、不可思(クロスポイント大泉/WPMF日本スーパーライト級王者)と対戦することとなりました。カラバスは、左右の豪打を武器に26戦23勝3敗(19KO)というKO率を誇る期待のニューカマー。
 
いきなり団体の威信をかけたこの試合に抜擢されたカラバスが、一昨年急きょ来日してS-cup世界トーナメントを席巻したゾウガリーのように、チャンスをモノにして一気にSB65kg級トップ戦線に躍り出るのか!?
 
それともゾウガリー戦が消滅した不可思が、怒りの猛攻で初参戦の新鋭を蹴散らすのか!?
また、これによりタップロンvsMASAYAがメインイベントに繰り上げとなり、対戦カード順が下記のように変更となりましたのでご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

決定対戦カード

第11試合メインイベント
≪3分×3ラウンド/エキスパートクラス特別ルール(スーパーライト級=65.0kg)≫
元WMC世界フェザー級王者
タップロン・ハーデスワークアウト(ハーデスワークアウトジム)
VS
前SB日本スーパーライト級王者
MASAYA(シーザージム)
 
第10試合セミファイナル
≪3分×3ラウンド/エキスパートクラス特別ルール(64.0kg契約)≫
WPKLベルギーSライト級王者
バリーズ・カラバス(Team Slamm)
VS
WPMF日本スーパーライト級王者
不可思(クロスポイント大泉)
 
第9試合
≪3分×3ラウンド/エキスパートクラス特別ルール(70.5kg契約)≫
SB日本スーパーウェルター級王者
坂本優起(シーザージム)
VS
バグダッド・ジャダン(Team Nesser)
 
第8試合
≪3分×3ラウンド/エキスパートクラス特別ルール(スーパーウェルター級=70.0kg)≫
日本スーパーウェルター級1位
北斗拳太郎(ボスジム)
VS
田中STRIKE雄基(BFA-SEED)
 
第7試合
≪3分×3ラウンド/エキスパートクラス特別ルール(ライト級=62.5kg)≫
SB日本ライト級1位
海人(TEAM F.O.D)
VS
MA日本スーパーフェザー級7位
大山洋明(スタジオK)
 
第6試合
≪3分×3ラウンド/エキスパートクラス特別ルール(57.0kg契約)≫
前SB日本スーパーバンタム級王者
伏見和之(シーザー力道場)
VS
中村直也(VERSUS)
 
第5試合
≪3分×3ラウンド/エキスパートクラス特別ルール(スーパーフェザー級=60.0kg)≫
SB日本スーパーフェザー級2位
村田聖明(シーザージム)
VS
賢一TenCloverGym(テンクローバージム)
 
第4試合
≪3分×3ラウンド/エキスパートクラス特別ルール(57.0kg契約)≫
SB日本フェザー級8位
笠原弘希(シーザージム)
VS
坂村充志(RIKIX)
 
第3試合
≪3分×3ラウンド/エキスパートクラス特別ルール(スーパーバンタム級=55.0kg契約)≫
SB日本スーパーバンタム級6位
大桑宏章(シーザージム渋谷)
VS
SB日本スーパーバンタム級
平山滉大(及川道場)
 
第2試合
≪3分×3ラウンド/エキスパートクラス特別ルール(スーパーウェルター級=70.0kg)≫
SB日本スーパーウェルター級8位
コマツ・ザ・バーバリアン(ボスジム)
VS
SB日本スーパーウェルター級
嶋田昌洋(志真会館)
 
第1試合
≪2分×3ラウンド/スターティングクラスルール(スーパーウェルター級=70.0kg)≫
SB日本スーパーウェルター級
マツシマ タヨリ(シーザージム)
VS
白川太一(RIKIX)
 
大会概要は こちら

pagetop