SHOOT BOXING

NEWS

IMG_3884IMG_39219月25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』の公開記者会見が、8月16日(火)東京・台場にあるフジテレビ本社屋1F広場にて行われた。
 
今大会でMMA2戦目を行うSB世界女子フライ級王者RENA(シーザージム)の対戦相手は、MMAデビュー戦となる女子レスリングの元世界王者・山本美憂に決定した。
 
RENAは「昔からTVで観ていて活躍していた、尊敬している選手の1人です」と山本の印象を語り、「レスリングの試合を見ていたので拳を交えることなどないと思っていましたが、今回戦うことになりました。レスリングvsシュートボクシングの図式になるのは仕方がない。プライドを持って戦うのが私たちです。打撃は半年そこらで上手くなるものではないです。私もレスリングはやったことがないのでお互いに状況は同じ。打撃vsレスリング、どうなるのか楽しみにしていてください」とコメント。
 
一方、弟の山本“KID”徳郁と共に猛特訓しているという山本は「MMAデビュー戦ですが、誰が相手であろうとやらないといけないし、戦わないといけない。相手が覚悟してくるなら失礼のないように私も死ぬ気で行きます」と意気込みを語る。お互いのキャリアをかけた一戦となったことについて山本は「MMAなので打撃、レスリングにこだわる必要はないので本能で戦います」という。
 
また、目玉カードがこのタイミングで決定したことについて山本は「いつか戦わないといけない相手。やっていけばいつか戦わないといけない相手なので良いタイミングだと思う」といえば、RENAも「お互いのタイミングが合いました。女子格闘技が盛り上がるためなら、という気持ちが一番強いです。今回は無駄別級GPがメインの大会ですが、二人が戦う以上はメインをかっさらうつもりで戦います」と並々ならぬ意気込みを語った。
 
昨年大みそかのMMAデビュー戦でRENAは飛び付き腕十字による一本勝ちを収めており、2戦目もビッグインパクトが期待されるところ。RENAは「殴って蹴って、タックルを切って、跳べるなら跳ぼうと思いますが、まだ考えさせて下さい(苦笑)」と控え目なコメントを残した。注目の一戦を制すのはRENAか、山本か。
 
なお、同大会の模様はフジテレビ系列で当日19:00からゴールデンタイムで放送されることが決定した。
 

pagetop