SHOOT BOXING

NEWS

img_4279
9月19日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催される『SHOOT BOXING 2016 act.4』の前日計量・会見が、18日(日)都内にあるシーザージムにて行われた。


img_4259

img_4194メインイベントで対戦する鈴木博昭(ストライキングジムAres)は65.25kg、 対するジョーイ・ラケット(アメリカ)は64.45kgで計量をクリアーし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。
 
「11月に開催予定のS-cupに向けて65kgのクラスを盛り上げるために、その査定も踏まえてこのカードを組みました」とシーザー武志会長が語る通り、スーパーライト級(=65.0kg)でS-cup出場権を懸けた査定試合として、鈴木vsジョーイ、ザカリア・ゾウガリー(オランダ)vsUMA(K&K BOXING CLUB)の2カードが行われる。
 
鈴木は「シュートボクサーにとってS-cupは最高峰の舞台。今回その最高の舞台に向けて、お互いにどちらかが倒れるような試合をして、お客さんに熱が伝わるような試合をしたならば、結果、S-cup出場のチャンスがあると思います」とS-cup出場を狙い、熱い戦いをしたいという。対戦相手のジョーイについては「全く情報がないので分からないですが、それが戦いというものなので、久しぶりに全く知らない相手と戦うのは楽しみ。シュートボクシングらしい熱い試合をしてKOして勝つことが至上命題だと思うので、ジョーイ選手を思いっきりKOするために攻撃するので、ジョーイ選手も僕を倒しにきて欲しいと思います」と挑発。
 
ジョーイもS-cup出場を意識しており、「S-cupで戦うことは大きな栄誉。私がS-cupを制する、初めてのアメリカ人選手になりたい。そうなれるような気がするし、ぜひ実現したいと思う」と自信満々。鈴木の言葉に対しては「私は過去にいくつかのタイトルを獲ってきた。彼は私をKOすると言っていたが、私も同じ気持ち。これは戦争になるだろう。これは趣味じゃない。私の人生であり私の仕事だ。私は自分の仕事を100%、150%の力で全うする。相手が誰であろうと関係ないので、前に立つ者は倒すだけだ」と完全決着を予告するコメントを残した。
 
また、S-cup65kg世界トーナメント2014準優勝のザカリアは「シュートボクシングで最大のトーナメントがS-cup。そこで戦うことはファイターにとって多くの意味をもたらす。2014年のファイナルで鈴木選手と戦ってベルトは獲れなかったので、これに向けてトレーニングし続けたと言っても過言ではない。今回の試合を勝ってS-cupでベルトを獲りたい」と虎視眈々と王座を狙うという。
 
そのザカリアと対戦するUMAは「対戦相手のザカリア選手はめっちゃ好きな選手で、初めて出たシュートボクシングの時に『何だ、この選手わ!』_ってめっちゃ興奮して、その選手とまさか自分が対戦出来ることが夢のようです。しっかり準備してきたので、明日は弱気にならずにバンバン3R打ち合って蹴り合ってやろうと思います」と意気込みを語る。S-cupについては「出たいですという気持ちはありますが、正直今回の試合で手一杯なので。今回全力で戦って、その先にS-cupがあればまた考えようかなという感じです」とコメントした。
 
また、SB日本スーパーライト級王座決定戦では前王者MASAYA(シーザージム)と奥山貴大(ブラジリアンタイ/GSB)が対戦。MASAYAは「このベルトは僕が自らポカしたベルトなので、僕がしっかり取り戻して、またシュートボクシングを盛り上げていきます」と王座奪還に向けて力強く意気込む。対する奥山は「初めてのタイトルマッチ。せっかくいただいたチャンスなので明日は全力で獲りに行きます」という。
 
そして、内藤大樹が保持するSB日本スーパーバンタム級王座への挑戦権を懸けたトーナメントに出場する植山征紀(ファントム道場)、國本真義(命武会)、伏見和之(シーザー力道場)、内藤凌太(ストライキングジムAres)の4選手も出席し、熱い意気込みを語った。
 
内藤「4選手の中で下馬評が一番低いのは僕だと思いますが、結局は明日勝ち残ったヤツが一番強いので、明日はただ勝つだけです」
 
伏見「正直、トーナメントをやる必要があるのかなって僕の中では思っています。植山君と僕とで一発やれば良いんじゃないかなと思っていたのですが、こういう形でトーナメントになったので、1試合目で体をしっかり温めて、2試合目で爆発して勝ちます。僕がベルトを持っていたときはS-cupで内藤大樹君に取られているので、次の11月のS-cupでもう一回タイトルマッチやって、僕が獲れればストーリー的にも面白いと思います」
 
植山「明日のトーナメントは僕のためのトーナメント。1日2試合、圧倒的なKOで勝って、僕が必ず獲ります。これ勝ったらタイトルマッチということで、11月のS-cupでタイトルマッチが出来たら最高かなと思っています。久しぶりに東京で試合するので、早く暴れたいです」
 
國本「今回トーナメントに出場する全選手に僕は因縁があるので、1回戦からリベンジマッチですが、しっかり勝って、決勝もしっかり勝って、僕もタイトルマッチへしっかりつなげたいと思います」
 
1日2試合のトーナメントをクリアーし、内藤への挑戦権を獲得するのは誰だ!? 計量結果は以下の通り。

 

対戦カード、計量結果

▼第12試合 メインイベント 65.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
鈴木博昭(ストライキングジムAres/SB世界スーパーライト級王者)65.25kg
vs
ジョーイ・ラケット(アメリカ)64.45kg
 
▼第11試合 セミファイナル スーパーライト級 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
ザカリア・ゾウガリー(オランダ/Manhoef Fight & Fittnes/S-cup65kg世界トーナメント2014準優勝)64.6kg
vs
UMA(K&K BOXING CLUB/元REBELS65kg級王者)65.0kg
 
▼第10試合 70.5kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
坂本優起(シーザージム/SB日本スーパーウェルター級王者)70.5kg
vs
加藤智亮(バンゲリングベイ・スピリット/2015北斗旗全日本空道体力別選手権大会-250クラス王者)70.2kg
 
▼第9試合 SB日本スーパーライト級王座決定戦 65.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R無制限延長
MASAYA(シーザージム/前SB日本スーパーライト級王者)65.0kg
vs
奥山貴大(ブラジリアンタイ/GSB)64.55kg
 
▼第8試合 SB日本スーパーバンタム級王座挑戦者決定トーナメント決勝戦 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R 
第2試合の勝者
vs
第3試合の勝者
 
▼第7試合 エキスパートクラス特別ルール ライト級 3分3R無制限延長R
海人(TEAM F.O.D/SB日本ライト級1位)62.8kg→62.5kg
vs
潔人(REAL DEAL東京)62.1kg
 
▼第6試合 ミニマム級 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
MIO(シーザージム/SB日本ミニマム級1位)47.55kg
vs
蓮珠DATE(Team DATE)46.9kg
 
▼第5試合 スーパーフェザー級 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
村田聖明(シーザージム/SBスーパーフェザー級2位)60.0kg
vs
西川創太(志真会館)59.5kg
 
▼第4試合 フェザー級 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級3位)57.5kg
vs
北川祐介(ストライキングジムAres/SB日本フェザー級4位)57.5kg
 
▼第3試合 SB日本スーパーバンタム級王座挑戦者決定トーナメント準決勝戦 エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
植山征紀(ファントム道場/SB日本スーパーバンタム級1位)55.0kg
vs
國本真義(命武会/初代S・BATTLEキックルールバンタム級王者)55.0kg
 
▼第2試合 SB日本スーパーバンタム級王座挑戦者決定トーナメント準決勝戦 エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
伏見和之(シーザー力道場/SB日本スーパーバンタム級2位)55.0kg
VS
内藤凌太(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級6位)55.0kg
 
▼第1試合 スーパーウェルター級 スターティングクラスルール 2分2R延長1R
マツシマ タヨリ(シーザージム)69.5kg
vs
魔破 DATE(Team DATE)69.75kg
 
大会概要はこちら

pagetop