SHOOT BOXING

NEWS

img_76239月25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』の個別選手インタビューが23日(金)某所にて行われ、女子レスリング元世界王者・山本美憂(KRAZY BEE)と対戦するSB世界女子フライ級王者RENA(シーザージム)が出席した。
 
現在の仕上がり具合についてRENAは「体調も凄くいいので、一番いい状態に持ってこれたと思います」と絶好調をアピール。
 
今大会のセミファイナルに抜擢されたことについては「そこまで深く考えていません。夜中にテレビを付けたらCMもあってビックリしましたが、セミファイナルとは思わず、私が今持っているもの全てを出せればいいかなと思います。最悪、メインの所(英男)さん任せでいくので気持ちが楽です」とニヤリ。
 
昨年末のRIZINでのMMAデビュー戦では飛びつき腕ひしぎ十字固めで一本勝ちし、今回のMMAデビュー2戦目もさらに注目を集めている。
 
「年末以上の勝ち方はなかなか出来ませんが、そこにこだわらず今の私を全て見せられたらいいなと思います。ただ決め技は何個か用意しているので、それが決まれば最高の勝ち方になると思います」
 
試合展開では、やはり山本のタックルを警戒しており、「100%私が打撃ではやられることはありませんし、100%(山本が)タックルにくるのはわかっています。正直それしかないと思うので、そこを切れれば全然問題ありません。どう対応するかを見てほしいですね。勝ちにこだわるのは当たり前ですが、面白い試合をしたいので挑戦する気持ちを持って胸を借りるつもりで色々とチャレンジしていきます」と自信あるコメント。
 
シーザー武志会長からは「毎日『大丈夫か? 調子はどうだ?』と連絡があり、気にかけてくれています」といい、色々な距離でのローキックを伝授されたようだ。
 
今後については「今は目の前の戦いを一個一個クリアーしていきたい。いつまでMMAをやるかはわかりませんが、今は凄く注目されいて必要とされている限りはそれに応えていきたいと思います」とMMA継続挑戦も視野に入れていく。
 
11月11日TDCホールでの開催が決定したS-cupではすでに出場が決定しており、「RIZINでスカッと勝って、S-cupにRIZINのお客さんをそのまま持っていきたいですね。そして年末につなげます」という。
 
なお、今大会の注目カードについては、シーザージムで練習経験のあるバルトの名前を上げ、「無差別級トーナメントはバルトさんのためのトーナメンだと思うので、勝ってもらって年末(トーナメント準決勝・決勝戦)につなげてもらいたいです」とバルトにエールを送った。 

pagetop