SHOOT BOXING

NEWS

s16l567514448987_1295193280545736_8853114655058168615_n9月25日(日)さいたまスーパーアリーナにて『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』が開催され、セミファイナルでSB世界女子フライ級王者RENA(シーザージム)が女子レスリング元世界王者・山本美憂(KRAZY BEE)と対戦した。
 
1R、RENAが中央でじっくり構え、山本は右周りで見合う展開が続く。RENAはタックル、山本は打撃を警戒しお互いに距離を取ったまま。RENAが右ローを出すと、山本がタックルにいきRENAをテイクダウン。ネックロックを決めながらパウンドで追撃する山本に、RENAは下からの蹴り上げで脱出に成功する。
 
RENAがパンチ連打を見舞うと山本が再びテイクダウン。しがみつくRENAは三角絞めにトライすると、山本はパウンド。RENAの蹴り上げがヒットしパンチで追撃する。山本は必死にしがみついてタックルを仕掛けると、RENAはがぶった状態でフロントチョークへ。これがガッチリ決まりと山本はタップ。
 
一本勝ちしたRENAは「今までの格闘技人生で一番緊張しましたが、それは山本美憂選手が素晴らしい相手だったからです。ありがとうございます」と山本を称え、「まだ強くなるので12月頑張ります。その前に11月11日にシュートボクシングの試合がTDCホールであります。」とS-cupをアピール。最後に「1、2、3、シュート!」で締めた。
 
また、第9試合ではSB世界スーパーウェルター級王者アンディ・サー(オランダ)がMMA2戦目、元UFCファイターのダロン・クルックシャンク(アメリカ)と対戦。クルックシャンクがタックルでテイクダウンに成功すると、マウントポジションからパウンド。嫌がるサワーのバックを奪うと、チョークスリーパー。これでサワーが一本負けを喫した。
 
RENAが出場する11月11日(金)TDCホール『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2016』の大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/12024
 
s16l5484s16l5705s16l5910s16l5925



pagetop