SHOOT BOXING

NEWS

_mg_7291

_mg_718810月13日(木)東京・池袋のサンシャインシティ噴水広場にて、アイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」の新曲リリースイベントが開催され、SB世界女子フライ級王者RENA(シーザージム)がゲスト出演した。
 
アップアップガールズ(以下アプガ)はこれまで、全国47都道府県ツアー完遂、前人未到の富士山頂でのライブ、ハワイホノルルマラソン完走後でのライブ、陸上自衛隊への教練体験後の隊員へのライブなど、年間300本以上にも及ぶライブとジム通いで鍛え抜かれた肉体で、アイドル界の中でも自他ともに認める“LIVEアスリート集団”。
 
トークショーでは「小学生の頃にモーニング娘。のオーディションを受けたことがある」とRENAが衝撃発言すると、アプガメンバーは「見出し取られた!」と苦笑いする場面も。
 
メンバーからの質問コーナーで「挫折から這い上がるためにどうすればいいか」との質問にRENAは「ハングリー精神を持つこと。(戦績が)落ちた時や負けた時に笑う奴らを見返すつもりでやってきました。SNSなどで応援してくれる人や仲間たちの声を力に変えて、やり続ける気持ちを強く持つことが大切です」とアドバイス。
 
また、「試合の前に必ずやることは?」の質問には、「試合直前に(シーザー)ジムにある神棚にお参りしたり、ジムが浅草にあるので、浅草寺にお参りに行きます。神頼みではなく、ここまでケガなく来れたことに感謝して『試合を見守ってください』と伝えます」と答えていた。
 
なお、アプガのメンバーの佐保明梨は特技が空手ということもあり空手の型を披露しただけでなく、「RENAさんの蹴りを体験してみたい」とミット持ちを志願。RENAの蹴りを体感すると「全身の臓器が揺れて感動しました。凄くパワーを頂きました」と満足した様子を見せ、「今度は私が蹴らせて下さい」とRENAに逆要求。RENAは「蹴らせて下さいと言われたのは初めて」と笑顔を見せる。
 
最後にRENAは「ここまで来るのに大変だった分、それをバネにして武道館で思いっきりジャンプして、元気出し頑張って下さい」とアプガにエールを送った。
 

pagetop