SHOOT BOXING

NEWS

img_0014

img_0056


10月23日(日)東京・ディファ有明にて『REBELS.46』が開催され、9勝(5KO)無敗の快進撃を続けるSB日本フェザー級3位・笠原弘希(シーザー)が参戦した。
 
今回、21歳にして24勝(8KO)6敗2分の戦績を持つISSHIN-キック初代フライ級王者Phoenixx祥梧(Muay Thai Phoenixx)と対戦した笠原は1Rから左ミドル、左フックを当て好調な出だしを見せたが、左右フック連打をもらい2度のダウンを喫してしまう。
 
2R、距離を取る笠原は左ジャブと左ミドルで前に出るが、祥梧が左右フック連打で再び2度のダウンを追加したところでレフェリーがストップ。笠原は10戦目で初黒星となった。試合後、シーザー会長は“負けの次こそが本当の勝負”と笠原の次戦に期待を込めた。
 
 

pagetop