SHOOT BOXING

NEWS

_mg_9386_mg_940311月25日(金)東京・後楽園ホールで開催された『RISE 114』に、SB日本フェザー級王者・深田一樹(龍生塾/ファントム道場)が参戦した。
 
8月のSB大阪大会で元貴との7Rに亙る激闘を制し、SB日本タイトルを獲得し、今回王者としての初戦を迎えた深田だったが、計量オーバーのために減点2、グローブハンデありで試合をすることに。
 
RISEバンタム級3位・宮崎就斗(TARGET)を相手に、1R、深田は左ロー、左ストレートからの右フック。宮崎も右ミドルを多用し、互角の攻防となる。
 
2Rも同じく、深田が左ローから左ストレートで攻めたところ、宮崎が左ミドルから右フックをクリーンヒットさせ、深田がダウン! 立ち上がった深田だが足元をふらつかせ立つことが出来ず、2R53秒のKO負けとなった。
 

pagetop