SHOOT BOXING

NEWS

img_028712月29日(木)さいたまスーパーアリーナ にて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND』の個別会見が、27日(火)都内にて行われ、SB世界スーパーウェルター級王者アンディ・サワー(オランダ)が出席した。
 
昨年大みそかに開催されたRIZINでMMAデビュー。長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾)に1RKO勝ちしたが、今年9月のMMA2戦目でダロン・クルックシャンク(アメリカ)にチョークスリーパーで1R一本負けを喫し、今回MMA3戦目となるサワー。
 
試合を直前に控え、サワーは「凄くコンディションがいい。準備万端だね」と好調をアピールする。ダロン戦で敗北を喫してからは凄くやる気になったといい、「ダロン戦の経験値は高かった。寝技の展開になれば、どういう防御策をすればいいのか考えるようになったし、寝技に持っていかれないように対策をするようになった」と敗れたことで学んだことは多かったようだ。
 
今回、シドニー五輪にレスリング日本代表として出場した実績を持つMMAファイターの宮田和幸(BRAVE)が対戦相手となり、「宮田の試合映像は見てきた。レスラー対策として柔術家とスパーリングをして強化練習してきた。他に強化した部分は戦略になるので言えないが、全体的にバランスの取れたトレーニングが出来たね。宮田は打撃も出来る選手なので寝技だけの展開にならないと思うけど、ベストを尽くすよ」と全力でMMA2勝目を狙うとした。
 

pagetop