SHOOT BOXING

NEWS

img_1047

img_1043
12月31日(土)さいたまスーパーアリーナ にて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント Final ROUND』の個別会見が、28日(水)都内にて行われ、SB世界女子フライ級王者RENA(シーザージム)が出席した。
 
MMA3戦目を前にRENAは「凄く精神的にも安定していていつでも戦える状況です。ここ最近プレッシャーの強い試合が続いていましたが、それに比べたら凄くリラックスできています」と好調をアピールする。
 
試合後にはすでにハワイ旅行を計画し、「1月は休むと考えていて、心と身体を納得させています。休みのことを考えながら、今年は最後の試合だと思っていたら凄く練習に集中できました。試合間隔が短く休めなかったことでしんどかったのですが、身体は出来上がっている状態が続き、最高の状態に持ってくる時間が凄く早かったので色んな練習ができました」と充実した練習が出来たことを明かす。
 
MMA初戦となった昨年大みそかのイリアーナ・ヴァレンティーノ戦では跳びつき腕十字で一本勝ち、MMA2戦目の今年9月山本美憂戦ではフロントチョークで勝利と、大技での勝利が続いており、周りの期待感は高まるばかり。今回の試合に向けては「打撃で打ち合うのも全然ありだと思いますが、MMAなのでどんな展開になってもいいように盛り上がるフィニッシュを考えています」とニヤリ。
 
シーザー武志会長からもアドバイスを受けており、「この技がいいなと提案してくれているのでそれを出せればいいかなと思います。その技はローキック以外です」という。
 
対戦相手のハンナ・タイソンについては「映像を見たところ連打をしたら止まらないような選手。向こうは私が考えていること以上のことをしてくるのかわかりませんが、プランは自分の中で完璧に出来ているので大丈夫です」と対策は万全だと語った。
 
img_0835

img_0841なお、12月29日(木)さいたまスーパーアリーナ にて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND』の前日計量が28日(水)都内で行われ、第7試合で宮田和幸と対戦するSB世界スーパーウェルター級王者アンディ・サワー(オランダ)は70.10kgで計量を一発クリアーし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。
 

pagetop