SHOOT BOXING

NEWS

7J8A16587J8A16824月16日(日)神奈川・横浜アリーナにて開催される『RIZIN 2017 in YOKOHAMA』の記者会見が3月3日(金)都内にて行われ、SB世界女子フライ級王者・RENA(シーザージム)のMMA4戦目が発表された。
 
会見冒頭で榊原信行RIZIN実行委員長は「春ということもあり女子の力を全面的に世間に押し出していきたい」と今大会では女子が主役となると発表。サブタイトルには「ジョシカクがさらに飛躍して行くという思いを込めて“SAKURA”を付けたという。
 
また、RENAに合わせた階級で女子グランプリ(トーナメント)を秋から開催することも決定した。
 
会見に出席したRENAは「この度、4月、そして10月から行われるグランプリに出場が決定しました。凄く悩んで悩んで悩んだ結果、今しかないなと。この波が来ているある中で 出場しな いのはダメだと思い最後に決断しました。色んな方に相談して背中を押してもらい、支えてもらっています。現時点で12月は優勝しますとは言えませんが、まだまだ日にちがあるので12月までにしっかり自分自身を強くして優勝できるように頑張っていこうと思います。皆さんにも支えていただいて、一緒に優勝出来たらと思います。私は私らしく今までの気持ちを忘れずに4月にMMAに挑戦します。10月から新たに大きな挑戦をしていこうと思います」と力強く意気込みを語った。
 
なお、4月大会でのRENAの対戦相手は調整中。戦いたい相手について聞かれたRENAは「GPを見据えて、そろそろトータルファイターとやっていきたい」と答えた。
 

pagetop