SHOOT BOXING

NEWS

IMG_06694月8日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING 2017 act.2』でSB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭と対戦するWBCムエタイ日本&INNOVATIONスーパーライト級王者・山口裕人(山口道場)。
 
今回、SBの元々のルールであるヒジありルールを鈴木がシュートボクシング協会に直訴し、山口サイドもこれを承諾したために、ヒジありルールに急遽変更に。山口は「ルールが変更になったことを後悔させてやりますよ」とニヤリ。危険な拳だけでなく、ヒジをも備えた強打者はSB世界王者狩りに自信を深めている……。
 
——まず、シュートボクシング初参戦となった昨年11月のS-cupを振り返っていただきたいのですが、トーナメント一回戦でザカリア・ゾウガリー選手に1RKO負けでした。
「いや〜あの試合は1分半ぐらいで終わったので何も出来ていません。全然試合した感覚がなく、やられたらやり返したいのでここで鈴木選手に勝って、またザカリアとやらせてもらえたら、と思います」
 
——ザカリア選手はイメージ通りの強さ? それとも予想していた以上に強かったですか?
「予想していた以上の強さで、とにかく身体全体のバネがありました」
 
——敗因はどこにあると思いますか。
「ガードが下がったところに、カウンターをもらってしまいました」
 
——リベンジを狙うということですが次こそはという手応えがあったのでしょうか?
「2回目やって負けたくはないですからね。今までに負けたやつとやって勝ってリベンジ出来ているので、ザカリアとはもう一回やって次は勝ちたいですね。
 
——今回、鈴木博昭選手との対戦が決定しました。
「S-cupで結果を出せていなし、やれるとは思ってなかった相手でした。でも、シュートボクシングから声をかけていただいて相手が鈴木選手だったので、これはチャンスと思ってすぐに受けることにしました」
 
——喰ったら美味しい相手だと?
「そうですね。シュートボクシングで一番プッシュされている選手だし、これは勝ったら美味しい。僕は今連敗しているのですが、その負けも払拭できる相手ですよ」
 
——鈴木選手についてはどういう印象を持っていますか?
「S-cup出場が決まった時から、鈴木選手の身体は筋肉の塊でやばいなと思ってました(笑)。パワーがあるんでしょうね」
 
——今まで接点がない選手ですが、以前から意識していた選手でしょうか?
「(鈴木は)自分よりも重い階級でやっていた選手なので自分とやることはないのかなと思っていたのですが、まさかやることになってビックリしています。映像を何回か見ましたが、むしろパワーというよりもテクニック?系の選手ですよね? 自分はそっち系は嫌いですね(笑)。でも打ち合ってくれるという記事を見たので楽しみにはしてるんですけど、ホンマに打ち合いとかしてくれるんですかね?わりと試合では消極的だったり投げやタックルで上手くごまかしたりしてますよね。そんなのを自分にもしてきたら嫌だなと(笑)。やらんといて〜という感じです」
 
——鈴木選手からの要求があり、今回の一戦はヒジありルールにも変更となりました。
「僕はヒジが得意というわけでもないので、別にどっちでもいいんですよ。『ヒジありは可能ですか?』とシュートボクシング協会から聞かれたので、『それでお願いします』と即答しました」
 
——そうはいっても、昨年9月にハチマキ選手とWBCムエタイ日本タイトルの懸かった一戦では、ヒジによるカットでTKO勝ちしました。
「あれはたまたま当たって、どっちのヒジで切ったかもわからないんですよ。でも、ヒジありを主にやってきた自分にとってはルール変更を要求してきて、ヒジありルールをなめんなよと。ヒジありになったことを後悔させてやりますよ(ニヤリ)。でもヒジを出す前に終わってしまうかもしれませんね」
 
——それぐらい自分の拳に自信があると?
「そうですね。でも鈴木選手はガードは固いので、今回はコンビネーションを出して切り崩してやりますよ」
 
——現在の練習で強化していることはありますか。
「最近の試合ではパンチをもらいすぎなので、ガードを上げたり打ち方を考えるようにしています。でもパンチをもらわないようにやろうと思いますが、結局は打ち合いをしてまうので難しいですけどね。」
 
——試合では、バチバチに打ち合うので捨て身のスタイルのようにも見えますが、そういう信念ではなかったのですね。
「違います(笑)。ああなってしまうんですよね。でも最近は対戦相手のレベルが上がってきてるので、多少スタイルを変えていかないといけないと考えてます」
 
——山口選手は、どこのリングでも激戦になるので魅力的な選手ですよね。
「そう言っていただけると嬉しいのですが、やはり勝ちたいですね。でも勝ちにこだわって、しょうもないつまらない試合はしたくはないので、ちゃんと倒して勝ちたいです」
 
——打ち合いの中でパンチをもらってしまうと我を忘れてしまいますか?
「熱くなってしまったら、結構そうです。でも今回は、そういう場面でも冷静にいけるようにしますよ」
 
——前回のKNOCK OUTでは格上の町田選手をKOするなど、弟の侑馬選手の活躍も目立っていますね。
「今は弟が目立っているので、ここでシュートボクシングの世界チャンピオンを倒して僕も有名にならないといけません」
 
——鈴木選手を倒してからはどういうことを目標にしていきますか。
「ザカリアにリベンジ。そしてシュートボクシングや色々な大会にまた呼んでいただけるように勝つだけです」
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/12521
 

pagetop