SHOOT BOXING

NEWS

グラップリングシュートボクサーズ/シュートボクシング協会
「YOUNG CAESER CUP CENTRAL No.19」
2017年4月9日(日)愛知・ホテルプラザ勝川
 
88_2▼第8試合 メインイベント SBスーパーバンタム級ランキング戦 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○竹野元稀(風吹ジム)
判定2-0 ※28-30、29-29、29-30
●佐藤執斗(グラップリングシュートボクサーズ/WMCI-1WKBC-54㎏級王者、SBスーパーバンタム級8位)
 
DEEPストロー級王者カン・サトーの弟・佐藤は昨年12月に香港のビッグマッチでアルフレッド・クウォン(香港)を2RTKOで下し、WMC I-1 54kgタイトルを獲得。今回が凱旋試合となる。一方、竹野はヤングシーザー生え抜きの選手。地元春日井ではメインイベンターに何度も抜擢され、昨年10月愛知大会では格上の二田水敏幸からダウンを奪って判定勝ちした。
 
1Rから竹野がガンガン前に出てパンチ連打。佐藤も大振りのパンチを返しサイドキック、左ミドルを混ぜる。バチバチに打ち合う中、佐藤がフロントチョークにトライするも逃げられる。2R、佐藤は顔面前蹴り、ロングフックと距離を取りたいが、竹野は前に出続ける。3R、疲れを見せ始めた佐藤は、竹野の連打をもらい押し込まれる場面も。SB新世代対決は、竹野が制した。
 
7▼第7試合 セミファイナル SBスーパーバンタム級ランキング戦 エキスパートク ラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○二田水敏幸(ネックススポーツ/SBスーパーバンタム級5位)
KO 2R2分47秒 ※スタンディングチョークスリーパー
●國本真義(MEIBUKAI KICKBOXING GYM/SBスーパーバンタム級3位)
 
1R、左右ローをこつこつ当てる國本がペースを握る。パンチを振ってローにつなげ、二田水は押される。2Rからは二田水がプレッシャーをかけるが、國本は変わらず手数を出し主導権を握ったまま。國本が攻める中、二田水がバックについてスタンディングチョークスリーパー。これがガッチリ極まり、二田水が逆転一本勝ちした。
 
6▼第6試合 SB女子ミニマム級(-48kg) エキスパート特別ルール 2分3R延長無制限R
○ユリカ.グラップリングシュートボクサーズ.ジム(グラップリングシュートボクサーズ/SBミニマム級4位)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-26
●エミNFC(NFC名古屋ファイトクラブ)
 
1R、ワンツ ー連打でひたすら前に出るユリカに対し、エミは組む付いて動きを封じる。2Rもガンガン前に出るユリカのパンチが顔面を捕らえると、エミの動きが止まる。ユリカの右ストレートがクリーンヒットし、エミがダウン。3Rには、ユリカがスタンディングチョークも決めるなど完全に主導権を握り、判定勝ちした。
 
5▼第5試合 SB女子ミニマム級 エキスパート特別ルール 2分3R延長無制限
○MISAKI(グラップリングシュートボクサーズ豊橋)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-26
●タン・カ・リー(香港/YOUTH UNION SPORTS GYM)
 
あのMIOと激闘を繰り広げたことで名を広めたMISAKI。1R開始のゴングと同時に、MISAKIがガンガン前に出る。13㎝も長身のリーが首相撲を仕掛けると、MISAKIは動きが封じられてしまうが、MISAKIは構わず左右フックを振り回し追い込む。右ストレートをクリーンヒットさせるMISAKIは組み付いて華麗に投げを見舞いシュートポイントを奪う。終了まで手数の止まらないMISAKIが圧倒した。
 
4▼第4試合 SB女子-50㎏契約 スターテイングルール 2分3R延長2R
○山口遥花(仰健塾)
30‐29、30-27、30-28
●梅尾メイ(チームバルボーザジャパン)
 
1Rから両者激しく打ち合う中、山口がショートパンチ連打で主導権を握る。首相撲でもヒザ蹴りを打ち 込み手数は落ちない。2Rには、梅尾がプレッシャーをかけるも、山口は落ち着いて対処。山口は首投げでシュートポイントを奪取する。3R、お互いに接近戦での打ち合いでも早い連打の山口がペースを握り判定勝ち。さらにヤングシーザー杯のMVPも獲得した。
 
3▼第3試合 SBミドル級(-72.5kg) スターティングルール 2分3R延長2R
○RARDA(ネックススポーツ)
判定3-0 ※29-27、30-28、29-27
●牧野慎二(勇三道場)
 
1R序盤からRARDAが首相撲からのヒザ蹴り連打、左右フック連打で圧倒しダウンを奪う。RARDAのKO勝ちは時間の問題かと思われたが、RARDAが攻め疲れ、そして牧野が息を吹き返したかのようにワンツーで前に出る。3R終了まで二人は激しく殴り 合いを見せ、RARDAが判定勝ち。 
 
2▼第2試合 SBフェザー級(-60㎏) スターティングルール 2分3R延長2R
○山田将成(キック塾)
判定3-0 ※30-28、30-26、29-27
●古川琢真(勇三道場)
 
1Rから激しい打ち合いを展開する両者。山田が右ストレートをクリーンヒットさせ首投げでシュートポイントを奪う。2R、古川が右耳から出血が見られたためにドクターチェック。再開後、山田が強烈な右ストレート、さらに首投げでSPを追加。3R、攻め疲れの山田だったが、両者は最後まで打ち合いを繰り広げる。山田が判定勝ち。
 
1▼第1試合 SBウェルタ-級(-67.5kg) スターティングルール 2分3R延長2R
○イモト(グラップリングシュート ボクサーズ)
TKO 1R1分28秒 ※ドクターストップ
●前田洋平(カナロアジム)
 
1Rからイモトがプレッシャーをかけ左フックをクリーンヒット。打ち合いでも右ストレートをクリーンヒットさせたイモトが首投げでシュートポイントを奪う。前田が鼻血を大量に出し、ドクターストップ。イモトがTKO勝ち。
 

pagetop