SHOOT BOXING

NEWS

18033466_1286320071482681_1066402076868367048_n

18090733_1317448351679037_361301510_o

18111056_1317447985012407_1194725805_o4月22日(土・現地時間 ※日本時間23日AM11:00〜)カナダ・カルガリーで開催される『JOURNEYFIGHT』にSB日本スーパーライト級ランカーの奥山貴大(ブラジリアンタイ/GSB)が出場、WKA世界スーパーウェルター級タイトルに挑むことが決定した。
 
奥山は、海人、笠原兄弟、村田聖明といったSBの次世代を担う選手として期待がかかっている23歳。
 
昨年9月には、プロ5戦目と浅いキャリアながらもMASAYAとSB日本スーパーライト級王座を争い敗れはしたが、フルラウンド激闘を繰り広げた。
 
その奥山の今回の相手は、クリス・マクミラン。地元カナダを代表する選手で、40戦近いキャリアを誇る。ファイトスタイルは完全ムエタイスタイルでオールラウンドファイターだという。
 
奥山は海外強豪を撃破し世界タイトル奪取なるか。なお、21日(金・現地時間)に行われた前日計量では奥山、クリスともに計量を一発クリアーし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。 
 

pagetop