SHOOT BOXING

NEWS

IMG_0087-1IMG_0079-1IMG_02345月28日(日)東京・新宿FACEにて開催された『J-FIGHT&J-GIRLS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~3rd』でJ-GIRLSミニフライ級王座決定トーナメントが開幕、SB女子ミニマム級6位MISAKI(SB・グラップリングシュートボクサーズ名古屋)が出場、女子キック界を牽引してきたベテランファイター元J-GIRLSミニフライ級王者・紅絹(NEXT LEVEL渋谷)を破る大金星の勝利を得た。
 
“猪突猛進女子”のニックネームを持つMISAKIは1Rからアグレッシブに手数を出して攻め続け、紅絹を飲み込む勢い。
 
2R、前にるMISAKIは紅絹の右フックをもううも、全く怯むことなく前進を続け打ち合いへ。3RもMISAKIはスタミナを切らすことなく前進し、右ミドル、パンチを見せる。勝負に出た紅絹も足を止めての打ち合いを挑み、激しい打ち合いを経て試合は終了した。
 
判定は2-1で勝利したMISAKIはリング上で号泣。昨年6月の花やしき大会ではプロ3戦目であのMIOと対戦し、敗れはしたものの、格上相手に最後までアグレッシブに攻め続ける戦いで追い込み、一躍名を広めているMISAKI。今回僅か9戦目で50戦近いキャリアを持つベテランを破るのは異例のことだろう。
 
3月のJ-GIRLSで対戦し、判定1-1のドローに終わっている寺山日葵と次回、王座決定戦でのリマッチが決定したMISAKIは「寺山選手とは自分らしい試合が出来ずにみんなをガッカリさせてしまいました。今度は必ず決着をつけていい試合をして、ベルトを巻いて帰りたいと思います」と意気込みを語った。
 
▼第10試合 J-GIRLSミニフライ級王座決定トーナメント1回戦 サバイバルマッチ1
〇MISAKI(SB・グラップリングシュートボクサーズ名古屋/J-GIRLSミニフライ級10位)
判定2-1 ※29-28、28-29、29-28
●紅絹(NEXT LEVEL渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)
※MISAKIが決勝戦へ進出。
 

pagetop