SHOOT BOXING

NEWS

kaito6月16日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING 2017 act.3』でSB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭(ストライキングジムAres)と対戦するSB日本ライト級1位・海人(TEAM F.O.D)。4月の後楽園大会ではS-cup65kg世界トーナメント2016優勝ザカリア・ゾウガリーに判定で敗れはしたが、ザカリアの猛攻を凌ぎ、逆に追い込む場面を作るなど海人の名を広める一戦にもなった。今回迎えた新旧エース対決。鈴木に対しての想いとは!?
 
――鈴木選手との一戦が決まりましたが、最初に試合オファーを聞いたときの心境を教えて下さい。
「鈴木選手とはずっとやりたいと思っていて、いつかはやる相手だと思ってました。前回、僕はザカリア戦で負けはしましたが、勝ったら次は鈴木選手とやらせて下さいと言うつもりだったんです。対戦するのは早ければ早いほどいいと思ってました」
 
――ザカリア戦では、相手を追い込む場面もあり、惜しくも判定0-2で敗れてしまいました。あの一戦も振り返っていただけますか。
「負けはしましたが、前向きに考えられる試合内容でした。いちきなりS-cup世界王者とやれたことも良かったですし、ここから這い上がっていこうという気持ちにもなりました」
 
――実際のザカリア選手は予想していた通りの強さでしたか? それとも予想以上の強さでしたか?
「試合前、自分的にはもっと強いんだろうなとは思ってました。でも実際にやってみるとそうでもなくて、試合中に対応できる強さだと思えたので予想していた通りの強さでした」
 
――次やれば勝てるという手応えも?
「ありましたね。十分ありました」
 
――ザカリア戦以降、練習で強化していることはありますか。
「ザカリア戦で見せ場を作れなかったのも反省点の一つでもあります。もっと見せ場を作る、倒しにいく姿勢を見せることを意識しながら練習しています」
 
――鈴木選手の前回の4月の山口裕人戦は観られたのでしょうか。
「観ました。ガードは相変わらず固いですね」
 
――そのガードをどう崩しますか。
「自分よりもキャリアは上の選手なので、とりあえずこじ開けていきます。身体が頑丈でどんな攻撃も効かないというので、ボディも足も全箇所を攻めて倒しにいきます。あと、前回はヒジありルールなのでヒジをうまいように使っている印象を受けました」
 
――今回は通常のSBルールなのでヒジなしになります。
「別にあっても問題ないですよ」
 
――前回の山口戦前と同じように鈴木選手がヒジありルールを要求することがあれば問題ないと。
「そうですね。全然OKします」
 
――普段からヒジありの練習もされているんですか?
「ヒジ打ちが好きなので練習では取り入れています。自分的には色んな技を得意なものにしていきたいので、ムエタイの試合映像も見て首相撲やヒジ打ちも勉強しています」
 
――鈴木選手は現SBのエースですが、この試合に勝ってエース交代を狙いたいという想いは?
「僕が新しいSBのエースになりたいと思いますし、鈴木選手は本物のエースではないと思うんですよ。自分がエースになってどんな相手でも勝っていきます」
 
――エースじゃないと思われる理由は?
「周りからはエースだと言われていますが、誰もが認めるようなしっくりくる試合内容や結果を収めているわけではありません。あと、S-cupトーナメントでは一回戦で勝ちましたが、途中棄権して優勝することが出来ませんでした。誰もが認める存在が真のエースではないでしょうか」
 
――鈴木選手を倒した後、具体的に見ていることはありますか。
「SB内だけでなく他団体の選手にも自分の存在をアピールしていきたいですね。他からも自分がSBのエースだと認めてもらえるように、どんな選手が相手でも勝っていくだけです」
 
――鈴木選手は世界タイトルを保持しています。
「今回勝って、そういうタイトル挑戦の話をいただけるのであれば獲りにいきます」
 
――最後にファンにメッセージをお願いします。
「自分が本物のエースになって、みんなに応援してもらえる選手になれるように頑張ります」
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/12788

pagetop