SHOOT BOXING

NEWS

naito6月16日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING 2017 act.3』で深田一樹(龍生塾ファントム道場)が保持するSB日本フェザー級王座に挑戦するSB日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹(ストライキングジムAres)。SB史上初となる同時二階級制覇まであと一つに迫り、並々ならぬ意気込みを語った。
 
――前戦となった4月の元貴選手との試合を振り返っていただけますか。
「しっかり倒したかったのですが、動きが硬くなってしまいました。熱くなりすぎたので冷静に戦わないといけないなと感じました」
 
――内藤選手には珍しくダウンを奪う展開がありませんでしたね。
「普段やっている階級の一つ上の階級ということでパワー面が足りないと言われるかもしれませんが、身体の線は細くても僕には倒せるだけの力はあると思います。元貴選手はガードが硬かったので、そこで倒せなかったのは自分の 課題でもあると思います。いかにそういう状況の中でも崩していくかが課題だとわかったのが自分的には良かったです。次の試合でそこを修正して臨めたらいいなと思います」
 
――今回、念願のSB日本フェザー級タイトルマッチが決まりました。
「もういつ決まってもいい準備をしていました。2月にRISEランカーの宮崎就斗選手、4月にSB日本フェザー級トップコンテンダーの元貴選手に勝って二連勝しているので、逆にこのカードが組まれなかったらおかしいだろうと思ってたので驚きはありませんでした」
 
――フェザー級での試合は2度目となりますが、初戦をクリアーしてこの階級で戦っていく手応えはどのように感じてますか。
「スーパーバンタム級の時を比べて減量もそんなにし なくていいですし、相手の攻撃が重くなるのは当たり前のことですが、自分は元気な状態で試合出来るので問題はありません」
 
――現チャンピオンの深田一樹選手についてはどのような印象を持っていますか。
「チャンピオンになっているだけの実力はあると思います。試合はあんまり見たことはないのですが、一発のパワーがある選手だと思うのでそこは気を付けたいと思います。ジムの先輩二人(北川裕紀、BENNY)が深田選手に敗れているので、自分がしっかりリベンジします」
 
―― 一つ上の階級の選手ということで練習ではどういうところを強化していますか。
「以前からフィジカルトレーニンなどでパワーを付ける練習をしています。ディフェンス面をしっかり意識していま すし、打撃面はこれまでと変わらず磨きをかけています。あと、今回に限らず、相手の攻撃をもらわず、自分の攻撃だけを当てられるようにしています」
 
――ディフェンスというとジムの先輩の鈴木博昭選手は鉄壁のガードを誇っています。
「そうですね、鈴木先輩からアドバイスをいただくこともあります」
――どのような試合展開を考えてますか。
「自分の良いところを全部出して最終的には倒して勝ちたいとは思いますが、あまり焦らずに行きたいと思います」
 
――深田選手は昨年8月のタイトルマッチで元貴選手と7Rに亘る激闘を繰り広げています。そのような長期戦も想定していますか?
「その試合を見ていないのでどのような7Rだったのかはわかりませんが 、どのような展開になっても僕は自信があります」
 
――逆にそのラウンドまで必要ないと思いますか?
「今回5R全部使うのもいいというのが頭にあります」
 
――同時二階級制覇をしたらその後はどのようなことを考えてますか。
「とりあえず目の前のことを物にしないと何も言えませんが、この階級を獲ればSB軽量級は確実に僕の時代です。他団体に出ることも考えているので何としてでも落とせない試合になります。SBで二本同時にベルトを巻いた選手はいないので必ず僕が必ずベルトを獲ろうと思います」
 
――現在、SB日本スーパーバンタム級戦線では笠原友希選手、竹野元希選手、佐藤執斗選手、亜月選手と新世代の選手が続々と育っていて内藤選手の首を狙っていることについてはどのように感じてますか。
「アピールはいくらでもしていいと思うのですが、正直、今のSBランキング入りしている選手と自分を一緒にするなよと。それでランキングしていいの?という選手が自分の名前を出してくるのはイラッとしてます。本当に自分とやりたいのなら、ここまで来てみろという感じですね」
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/12788

pagetop