SHOOT BOXING

NEWS

kaito

miyakoshi9月16日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING 2017 act.4』の第一弾対戦カードが決定した。
 
SB日本ライト級1位・海人(TEAM F.O.D)が参戦、WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者の宮越慶二郎(拳粋会)と63.5㎏契約で対戦する。
 
海人は6月のact.3でSB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭を1Rにヒジでカットに成功し、ドクターストップによるTKO勝ちを収めたばかり。現SBエースと言われた鈴木を破ったことで誰をが納得する形で新SBエースとなった海人だが、今回、超難敵と対戦することとなった。
 
宮越はニンジャ・フットワークといわれる独特なステップから繰り出される手数を武器に、他団体のトップファイターたちから勝利を収め、海外のリングでも活躍するライト級のトップファイター。これまでにWBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王座を獲得し、日本でも数少ないWBCムエタイ世界タイトル獲得まであと一歩と迫っている。
 
なお、今回の一戦はヒジありが認められたSB特別ルール。新SBエースとして真価が問われるこの一戦を海人はクリアーすることが出来るか。
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/13221

pagetop