SHOOT BOXING

NEWS

_MG_0473_MG_077010月15日(日)福岡・マリンメッセ福岡で開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント1st ROUND-秋の陣-』の記者会見が8月18日(金)都内にて行われ、トーナメントに出場するSB世界女子フライ級王者RENA(シーザージム)が出席した。
 
一回戦で前KOTCアトム級王者アンディ・ウィン(アメリカ)と対戦することが決定しているRENAは「私はKO、一本しか狙っていません」と完全決着を予告。8月12日にはアメリカで開催されたKOTCで自身が保持する王座防衛戦に臨んだウィンだが、挑戦者メリッサ・ソフィア・カラジアニスに敗れ王座から陥落してしまった。この結果を受けてRENAは「ウィンには『負けんなよ』と伝えたのに負けてしまいました」と残念な表情を見せるが「強い選手だというのはわかっているので、私も気を引き締めて勝ち進んでいけるように頑張ります」と意気込みを語った。
 
なお、この日の会見ではトーナメントの山組みも発表され、RENAが勝ち上がれば、準決勝で山本美憂(KRAZY BEE)vsアイリーン・リベラ(スペイン)の勝者と対戦。もし山本も一回戦を突破すれば、昨年9月25日のRIZIN以来の再戦が実現する。
 
RENAは「(このような山組みになって)より多くの人に見てもらうためには、話題性が絶対に必要。正直、再戦は望んでいませんがトーナメントなので仕方ないかなと。盛り上がるならそれでいいです」と山本との再戦には特に興味がない様子。
 
RENAはこれまでにGirls S-cupで開催されたトーナメント開催前に「トーナメントは私のものです」と宣言し、Girls S-cup2009日本トーナメント、Girls S-cup2010・2012・2014世界トーナメントと4度とも全て制覇している。今回のトーナメントについても「もちろん私のためのトーナメントだと思っています。アマチュアを含めてトーナメントで一度も負けたことがないので今回も絶対に取りたいと思います」と優勝宣言した。
 

pagetop