SHOOT BOXING

NEWS

naito9月16日(土)東京・後楽園ホールで開催される『SHOOT BOXING 2017 act.4』のセミファイナルで植山征紀(龍生塾ファントム道場)を挑戦者に迎え、2度目の防衛戦を行うSB日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹(ストライキングジムAres)。植山とは昨年11月のS-cupで対戦し、2度のダウンを奪われた内藤だったが、3Rに左フックで逆転KO勝ちし初防衛に成功した。大激闘の再現となるか。内藤がこの一戦で見せたいこととは!?
 
――試合が近づいてますが、コンディションはいかがでしょうか。
「追い込みがラストで疲れも溜まってきてますが、動きが良くモチベーションもいい状態を保てているので試合が凄く楽しみです」
 
――今回、タイトル2度目の防衛戦となりました。
「今年はもう防衛戦はないのかなと思っていました。植山選手は強いですけど、正直、まだタイトルに絡んでくるような戦績を残していないと思います。それで今回タイトルマッチが組まれた時は正直ビックリしました」
 
――まだ早過ぎると。
「そうですね。僕はチャンピオンなので決まったからにはやりますが、ベルトを渡すわけにはいきません」
 
――前回、内藤選手はSB日本フェザー級タイトルマッチで深田一樹選手に判定負けを喫し、今回、再起戦でタイトル防衛戦が組まれた心境はどうでしたか。
「よしやるぞ!という気持ちでプラス志向でいます」
 
――今、振り返って深田戦はどうでしたか。
「冷静に戦おうと思っていたので途中までは自分の動きが出来ていたと思うのですが、一発をもらってしまい相手がうまかったなと。本当にもったいない試合だったと思います。負けは負けなので悔しい気持ちでいっぱいです」
 
――1つ上の階級での試合ということで、深田選手とパワーの差を感じることは?
「パワーがもっとあると思っていたのですが、正直そこは感じませんでした。一発もらって僕は倒されてしまったので差はなかったとは言い切れませんが、そんなに感じることはありませんでした」
 
――敗因は何だと思いますか。
「作戦は向こうの方が一枚上でした。もっと冷静になって相手の攻撃が来たときに対処できたらなというのはありました」
 
――今回、深田選手と同門の植山選手とやることで、相手陣営の研究はさらに万全なものになってくるでしょうね。
「そうですね。植山選手との対戦は3度目になりますし、研究は相当されていると思うので、その裏をかくようなスタイルだったり、何が来てもいいように今は準備しています。相手がどう来るのかが楽しみでもあります」
 
――練習で強化していることはありますか。
「ここずっと一緒なのですが、ディフェンス面、オフェンス面でどちらかに偏りがないようにバランスよくやっている状態で隙がないスタイルを目指しています」
 
――前回は植山選手と大激闘となりましたが、今回もそうなりますか?
「今回も大激闘をするつもりはなく、前回は2回ダウンしていい試合をしちゃったのでそれでは意味がない。一方的に終わらせてレベルの差を見せます」
 
――ここ最近の植山選手の試合を見て、ご自身との差は開いていると思いますか?
「全く油断はありません。向こうはいいパンチを持っていることは認めています」
 
――防衛に成功後、再び同時2階級制覇を目指しますか?
「まずはベルトを守ることが先ですが、積極的に夢を追いかけていきたいと思います」

 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/13221

pagetop