SHOOT BOXING

NEWS

_MG_0310_MG_02219月24日(日)東京・新宿FACEにて開催された『J-FIGHT&J-GIRLS 2017〜J-NETWORK 20th Anniversary〜7th』でSB日本女子ミニマム級2位MISAKI(GSB)が寺山日葵(TEAM TEPPEN)を破り、悲願のJ-GIRLSミニフライ級王座獲得に成功した。
 
今年3月に対戦し大激闘を繰り広げドローに終わっていたMISAKI、寺山は共に5月のJ-GIRLSミニフライ級王座決定トーナメントにエントリー。一回戦でMISAKIは元王者の紅絹と対戦し、全く休むことない攻撃力で判定勝ちしアップセットを起こした。
 
この日もMISAKIは初回から無尽蔵のスタミナを武器にひたすら手数を出す展開。寺山は前蹴り、ヒザ蹴りで対抗していたが、スタミナ切れで徐々に失速し始める。3Rには、MISAKIが左前蹴りでダウンを奪うと、4R以降も全く衰えないフル回転力で最後まで攻め続け、判定3−0で寺山を撃破。
 
悲願達成のMISAKIは号泣しながらマイクを握ると「ダウンでいいのかな?と思うものがあり、私も納得いってません。みんなに勝ったと言われるように、また日葵さんとやりたいです。次はピン級で戦いたいのでJ-GIRLSピン級王者・松下(えみ)選手と二階級制覇を懸けて戦いたい」と二階級制覇への挑戦をアピールした。
 

pagetop