SHOOT BOXING

NEWS

9-4チバテレビにて毎月第4水曜日20:00~20:55に放送されるシュートボクシングのレギュラー番組『-Art of Fight-SHOOT BOXING』。
 
9月27日(水)に放送される番組では、9月16日(土)東京・後楽園ホールで開催された『SHOOT BOXING 2017 act.4』の模様を放送。今回は3試合分の激闘を振り返る。
 
まずメインイベントの海人(TEAM F.O.D)vs宮越慶二郎(拳粋会)、ヒジありルールの一戦。6月大会で鈴木博昭を1R、ヒジ打ちによるTKO勝ちし、“新エース”となった海人。真のエースとなった海人の前に立ちはだかったのは、NJKF所属でWBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者の宮越。これまで国内ライト級のトップクラスに君臨している宮越を相手に、ヒジありルール二戦目となる海人はどう戦うのか。エースとしての真価が問われる一戦となった。
 
また、SB日本スーパーフェザー級王座を懸けた村田聖明(シーザージム)vs池上孝二(フォースクワッド)の戦いも紹介。村田は知る人ぞ知るシーザー武志会長の実の息子であり、プロキャリア16戦目にして初のタイトル挑戦となった。一方、池上は2007年デビューし、30戦近いキャリアを持つベテラン選手。今回2度目のタイトル挑戦となり、王座への想いは深い。
 
そして最後に、笠原弘希(シーザージム)vsPhoenixx 祥梧(Muay Thai Phoenixx)の一戦。両者は昨年10月に他団体のリングで対戦し、祥梧がKO勝ち。初黒星を付けられた相手へのリベンジを狙う笠原の気持ちが全面に出た試合内容となった。激闘連続となった『SHOOT BOXING 2017 act.4』をお見逃しなく!
 

pagetop