SHOOT BOXING

NEWS

10月15日(日)愛知・ホテルプラザ勝川にて『SHOOTBOXING 2017 YOUNG CEASER CUP CENTRAL #21』が開催された。大会結果は以下のとおりです。
 
IMG_5762IMG_5778

IMG_5788

IMG_5794▼第8試合 メインイベント -50㎏契約

○マギー・タッカー(カナダ/WMO-48kg王者、IFK王者など北米5冠)
TKO 3R2分23秒 ※パンチ連打
●Union朱里(GSB名古屋/SB女子ミニマム級1位、WMCI-1アジア女子51kg&54kg級王者、韓国MAX FC女子-52kg級暫定王者)
 
今年2月に韓国で3本目のベルトを獲得した後、Girls S-CUPやKNOCK OUTで男性選手顔負けの攻防で観客を唸らせたUnion朱里が約1年半ぶりに地元名古屋に凱旋。今回朱里が迎え撃つタッカーは北米で活躍するムエタイファイターであり5本以上のベルトを保持、かねてより日本での試合を熱望していたという。11月に韓国、12月には香港でタイトルマッチと連戦の朱里が勢いをつけてふたたび海外へと飛び立てるか。
 
1R、サウスポーに構える朱里がワンツーでボディを叩くと会場に打撃音がひろがり会場がどよめく。しかし打撃にひるむことなく、前に出てプレッシャーをかけるマギーは打撃の打ち終わりに組み付き首相撲からヒザをコツコツと朱里のボディへ当てていく。ブレイクがかかるとマギーを中心にリングをサークリングしながらときおりワンツーで手数を見せる朱里。
 
2R、ボディにワンツーを入れる朱里だが、マギーのプレッシャーに攻略の糸口が掴めないのか手数が少ない。対するマギーは細かいパンチとステップから組み付き、首相撲とヒザ蹴りで朱里の体力を削る。首相撲になると頭を下げてしまう朱里にマギーのヒザが突き刺さる。
 
3R、朱里がパンチで相手のボディを効かせたかと思わせたが、一転、攻勢に転じたマギーが首相撲からのヒザ蹴りでボディを効かせると頭の下がった朱里の顔面にふたたびヒザ蹴り! 動きが止まった朱里をコーナーに詰め、マギーがパンチの連打をまとめたところでレフェリーが試合を止めた。
 
試合後、マギーは「組み付いてのヒザが効果的だった」と勝因を語り、「朱里選手はパンチの強い選手でした」と笑顔でコメント。一方の朱里、連戦の疲れもあったかと思われたが「それは関係ないです」とひと言。年内の試合も予定どおり行うとのことだったが、「世界にはまだまだ強い選手がいるんだと感じた」と悔しさをにじませていた。
 
IMG_5684

IMG_5735▼第7試合 セミファイナル SBスーパーバンタム級
○内藤凌太(ストライキングジムAres/SB日本スーパーバンタム級3位)
延長判定3-0 ※三者とも10-9
●佐藤執斗(GSB/SB日本スーパーバンタム級9位)
※本戦判定29-28、28-28×2
 
内藤は昨年、弟・大樹が保持するスーパーバンタム級王座を見据えたトーナメントに参戦も準決勝敗退、その後DEEP KICKのベルトを狙い戦績を伸ばしている。対する佐藤は8月に香港で自身2本目となるベルトを獲得、みたびタイトルマッチのオファーを受けるなど海外での活躍が目立つ19歳だ。
 
1R、オーソドックスに構える両者。鋭く早い左足の前蹴りをボディ、顔面に蹴り分ける佐藤。その蹴りを嫌ってか手数が少なく、単発な攻撃が続く内藤。内藤の顔は早くも赤く腫れがみえる。
 
2R、的確にワンツーを顔面に集める内藤だが佐藤はブロック、効果的なダメージは見受けられない。一方、パンチの交換に応じる佐藤だが、前蹴りを中心とした攻めは変わらず試合のペースを譲らない。
 
3R、距離が詰まり首相撲の展開になると、一瞬の隙をついた内藤が佐藤の背後へ回り込みバックチョークを極めにいく。佐藤はかろうじて脱出するも消耗したか動きが鈍く、前蹴りも少ない。距離を詰めやすくなった内藤はワンツーをベースに佐藤へ組み付くと立て続けに前方の投げでシュートポイント1を2度奪う。
 
決着は判定にもつれ込んだが両者2名以上の支持を得られず延長戦へ。
 
延長1R、前蹴りによる攻めでふたたびペースを奪おうとする佐藤だったが、それに付き合わずに内藤がまたも前方への投げでシュートポイント1を獲得。追い込まれた佐藤はバックハンドブローなど変則的な動きで内藤を追い込む。両者足を止めてのフックの応酬、その最中にバッティングによって内藤が右まぶたをカットする。内藤の出血がひどくなりつつあるなかでついにゴング。シュートポイントを獲得した内藤が佐藤の追撃を振り切り判定勝利した。
 
IMG_5630

IMG_5634▼第6試合 SBスーパーライト級ランキング戦
○奥山貴大(ブラジリアンタイ/GSB)
延長判定3-0 ※10-9、10-9、10-9
●YUSHI(グラップリングシュートボクサーズ豊橋)
※本戦判定30-30、30-30 、29-29
 
1R、リーチに勝るYUSHIを相手に遠い間合いからいきなりパンチを振って飛び込む奥山。ラウンドが進むにつれ、奥山はYUSHIのロー、ミドルをゆったりと腕を前に構えるムエタイスタイルで見切っていく。
 
2R、フットワークを使う奥山は、ワンツーとローのコンビネーションを打つとすぐにその場を離れ、YUSHIの追い打ちをもらわない位置へ。組み付く場面では投げを狙う両者だが、互いに効果的な展開は作れない。
 
3R、バックハンドブロー、飛びヒザ蹴りと大技を見せる奥山に対し、YUSHIはワンツーと組んでからの投げとシュートボクシングらしい正攻法で責め立てるが両者差をつけることができず、延長戦へ。延長Rも残りわずかになったところで、奥山が前方への投げでシュートポイント1を獲得し僅差の勝負をものにした。
 
IMG_5590

IMG_5597▼第5試合 SBスーパーフェザー級
○西川創太(志真会館/SB日本スーパーフェザー級4位)
延長判定2-0 ※10-9、10-9、10-10
●北川裕紀(ストライキングジムAres/SB日本フェザー級3位)
※本戦判定28-28×3
 
1R、リーチに勝る北川を相手にワンツーとロー、前蹴りで攻撃を組み立てようとする西川だが、北川は蹴り足をキャッチしてこかす。終盤、北川は左ボディを効かせたところで右ストレートを振り下ろして西川からダウンを奪う。カウント内に立ち上がった西川を追い込む北川だったが、ここでゴング。
 
2R、前に出る西川が北川をコーナー、ロープ際に追いつめて打ち合う場面が増える。手数の多い西川に対し、それをダッキングしてかわしながら打ち返す北川。手数では西川だが、効果的な打撃では北川か。
 
3R、前R同様に北川をコーナーに詰めてコツコツとパンチをまとめる西川。コーナーに詰まりながら手を出す北川だったがさきほどまでのキレはなく、西川のパンチで顔をはじかれる回数が増える。判定までもつれた本戦は西川がドローまで追い上げる結果に。ダウンを奪い優位に見えた北川だったが延長に入ると疲れから手数は少ない。対する西川はペースを落とさず攻め続け、最後は大逆転の判定勝利をつかみ取った。
 
IMG_5519

IMG_5546▼第4試合 SBバンタム級ランキング戦 エキスパートクラスルール
○竹野元稀(風吹ジム/SB日本スーパーバンタム級8位)
判定3-0 ※29-28、28-27、30-27
●川上 叶(龍生塾)
 
1R、手数の少ないオーソドックスの竹野に対し、サウスポーの川上は相手のボディ、顔へ左ストレートを打ち分けて試合のペースを握る。しかしR終盤、一瞬の隙をつき竹野が前方の投げでシュートポイント1を獲得。
 
2R、左ストレートを軸に変わらず手数の多い川上。しかし竹野がふたたびシュートポイント1を獲得し試合の流れを渡さない。
 
3R、リング中央で打ち合い会場を盛り上げる両者。最後は疲れの見える川上を振り切り、竹野が手数で勝り判定勝利した。
 
IMG_5499

IMG_5511▼第3試合 スーパーフェザー級

○AKIYOSHI(NEXイチムエ)
判定3-0 ※29-28、29-28、29-28
●TSUTOMU(TIA辻道場)
 
1R、強振のフックとローで乾いた音を響かせるAKIYOSHI、ラウンド中盤には豪快なバックドロップでシュートポイント1を獲得。ミドル、ローで攻めるTSUTOMUに対し、組技とパンチの打ち合いで遊星に立ったAKIYOSHIが判定勝利した。
 
IMG_5475

IMG_5497▼第2試合 -49kg契約
○ほのか(カナロアジム)
延長判定2-0 ※10-9、10-9、10-10
●茶谷薫(志真会館)
※本戦判定0-1
 
1R、首相撲でペースをつかむほのかに茶谷は攻めてを見いだせず手数が少ない。2Rと3Rも同様に首相撲で茶谷の攻撃を抑え、加えてヒザをつきさすほのか。ブレイクがかかり距離ができると打撃で責め立てる茶谷。本戦では決着つかず、延長までもつれるとペースを変えず攻め続けたほのかが初勝利を飾った。
 
IMG_5446

IMG_5472▼第1試合 -55kg契約
○内藤啓人(ストライキングジムAres)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●薄田久典(ネックススポーツ)
1R、両者ローの蹴り合いで譲らず攻めるも、ペースは徐々に内藤へ。2R、強い左ミドルで一気に攻める内藤。蒲田は前に出るも効果的な打撃は見られない。3R、左ミドルの影響でガードの下がった蒲田の顔へパンチをまとめる内藤。圧倒的な手数で蒲田を寄せ付けなかった。
 

pagetop