SHOOT BOXING

NEWS

DSC_5156

DSC_5174

DSC_5190

DSC_520311月1日(水)東京・銀座のBAGUS PLACE(バグースプレイス)にて、村田聖明&MIO王座戴冠記念パーティーが開催された。
 
パーティーには関係者、両選手の支援者、選手のほか、ファンも大勢詰めかけ、大盛況。会場では両選手の試合映像が流れたほか、ものまね三太郎のショーやマジシャンによるマジックショーなどが披露され、来場者を楽しませた。
 
9月のSB日本スーパーフェザー級王座決定戦で格上の池上孝二をフルラウンド止まらない手数で攻め続け悲願の王座獲得となった村田は「たくさんの応援のおかげでチャンピオンになることが出来ました。こうやってたくさんの人に応援していただいたことで今の自分があると思います。これからこのベルトに恥じないような選手にもっと頑張っていくのでよろしくお願いします」と感謝の意を述べた。
 
そして、昨年11月にUnion朱里とSB日本女子ミニマム級王座を懸けて激突し、6Rに亘る激闘を繰り広げた末に念願のSB王座を獲得したMIOは「ベルトを獲ったのは1年前なんですけど、SBの王者としてもっともっと胸をはって戦っていけるように、来年は世界のベルトを巻けるように頑張るように応援よろしくお願いします」とあいさつ。
 
なお、村田、MIOともに11月22日(水)東京ドームシティホールにて開催される『-SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT-GROUND ZERO TOKYO 2017』出場が決定している。
 
両選手に対し、シーザー武志会長は「彼らもどんどん頑張りますが、今、若い選手も頑張っています。彼らも同様に熱い応援をよろしくお願いします」とシュートボクサー勢の更なる活躍に期待を込めた。
 

pagetop