SHOOT BOXING

NEWS

takahashi11月22日(水)東京ドームシティホールにて開催される『-SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT-GROUND ZERO TOKYO 2017』のSB日本スーパーライト級王座決定トーナメント一回戦でWBCムエタイ日本統一ウェルター級王者・健太(E.S.G)と対戦する元J-NETWORK&MA日本ライト級王者・高橋幸光(はまっこムエタイ)。テコンドーとムエタイをミックスさせたオリジナルスタイル、さらに今回用意した必殺技でトーナメント制覇を狙う。
 
――今回SB日本スーパーライト級王座決定トーナメント参戦が決まりました。
「階級を上げてちょうど65㎏~67㎏契約で試合がしたかったときに、トーナメントの開催と、海人選手と健太選手の参戦が発表されました。枠が空いているのかわからなかったのですが、出たいと思ったのでマネージャーを通して協会にお願いしました」
 
――出場メンバーを見てどうですか。
「みんな背が高いなと。名前のある選手ばかりなのでここで勝ったら美味しいですね」
 
――一回戦では健太選手との対戦が決まりました。
「楽しみです。向こうの方がキャリアも上ですし、久々にチャレンジャーの気持ちでいられます。ここ数戦は自分よりもキャリアの少ない、知らない選手から追っかけられる感じの試合が続いてました」
 
――以前から健太選手との対戦は意識してましたか?
「全くしてませんでした。健太選手はずっと70㎏でやっていた選手ですし、僕は61㎏でやってましたからね」
 
――試合を見てどういう印象がありますか。
「ガタイと顔に似合わずテクニシャンですよね。ゴリゴリな感じがしますが、ディフェンスも出来て、スタミナもあって何でも出来る印象があります」
 
――そんな健太選手をどう攻略しますか。
「自分のペースでやるだけです。今までと同じように戦うと手数が少なく判定負けになってしまうので、そこは変えていかないといけないなと思っています。あとは自分の戦い方を貫くだけです」
 
――立ち関節、投げ技ありのSB特有のルールについてはどのような対策を考えてますか。
「対策は考えてないです。自分のスタイルを貫いて、関節技も投げ技も思い付いたらやろうと思っています。ましてヒジもあるので何でもありですね」
 
――ヒジありのワンデートーナメントは珍しいと思いますが、短期決着を考えてますか?
「ヒジありルールで良かったと思います。今回ヒジでいい必殺技を1つ用意していて、それをスパーリングで試すと結構それがはまるんですよ。でも、自分もそういう場面が来るかどうかもわからない、出せるかどうかもわからない技なんです(笑)。誰も想像出来ない技なので期待して下さい」
 
――それは高橋選手だからこそ出来る技?
「思い付きで出たもので……僕が一回やればみんな真似して流行るかもしれないです」
 
――9月にはタイで開催されたワンデートーナメント「ムエマラソン」に出場していますが(準決勝敗退)、今回の前に経験したことは大きいですか。
「そうですね。自分よりも頭一つ大きな選手たちとやるのは初めてでした。上の階級の選手と二回も試合をしていい経験になったので、大きな選手とやることの恐怖心がなくなりました」
 
――階級を上げて、高橋選手の持ち味だったスピード面はどうですか。
「手足は短いかもしれませんが、むしろこの階級だと自分は相当速い方だと思いますよ。昔みたいに足技だけでは今は勝てないので、足でも手でも何でも出来るようにしていて今回色々と出せたらいいですね」
 
――トーナメント出場選手の中で唯一、海人選手と対戦しています(2006年2月13日、海人の判定勝ち)。決勝戦でリベンジしたいですか。
「どうせならやりたいという気持ちもありますし、反対ブロックには(水落)洋祐さんと引き分けた憂也選手という強い選手もいるので興味はあります。この階級にはやったことのない選手ばかりなので楽しみしかないですね」
 
――当時対戦した海人選手にはどのような印象がありますか。
「若いのにテクニックがうまい印象があります。ここ最近の試合を見ていないのですが、ヒジありルールで2連勝しているのは凄いと思います」
 
――海人戦後、1試合してその後1年4カ月は休養しているんですよね。復帰後、3戦していますが調子は戻ってますか?
「ケガで休んでいました。休養期間はリハビリを兼ねてフィジカルトレーニングばかりしていたらどんどん身体が大きくなり、78~80㎏まで増えたんですね。そこから14㎏減量して、今はもう本調子に戻っています。確実にパワーは上がっています」
 
――優勝したらベルトと賞金も獲得できます。
「いいですね。もし僕が優勝してベルトを獲ったら海人選手と何度もやりそうなので、その時のランキング1位と防衛戦をやりたいですね。あと、賞金の使い道はケガしている間に親に借りた借金を返したいです(苦笑)。あと、甥っ子が多いのでお年玉に回そうと思います。余ったら遊びに使います」
 
――同じジムの水落選手はMASAYA選手、鈴木博昭選手のシュートボクサー勢に勝利しています。ご自身も続きたいという想いは強いですか。
「洋祐さんは自分のスタイルを貫いて勝っていて、自分にはなかなか真似できません。洋祐さんは自分にはないものを持っているファイトスタイルなので尊敬しています」
 
――最後に会場に来てくれるファンにメッセージをお願いします。
「まだシュートボクシングには1回しか出ていないので、高橋幸光という名前を覚えていただけると嬉しいです」
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/13522
 

pagetop