SHOOT BOXING

NEWS

watanabe11月22日(水)東京ドームシティホールにて開催される『-SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT-GROUND ZERO TOKYO 2017』でSB日本スーパーフェザー級王者 ・村田聖明(シーザージム)と対戦する渡辺理想(極真会館)。華麗な足技を武器に極真空手とムエタイを融合させたスタイルで、これまで様々な団体で活躍してきた渡辺が待望のSB参戦を果たす。SB王者を相手に蹴り技で一撃KOなるか。

 
――今回シュートボクシング(以下SB)初参戦が決まりました。
「好きなムエタイ選手のブアカーオ選手が出ていたS-cupは会場に観にいきましたし、宍戸(大樹)さんのスパーリングパートナーをやっていた時があり、宍戸さんの応援に何度か会場に行きました。あと、以前に同じ極真の清水健吾が出ていたので意識していたリングではありました。ビッグマッチ参戦が決まったので頑張ります。ちょうどこの時期に試合をしたいと思っていたときにオファーが来て、初参戦で現役チャンピオンとの対戦なので100%の状態に持っていきます」
 
――同じ階級で意識していた選手はいましたか。
「海人選手はイケメンなので注目していましたが、階級を上げてしまいましたから」
 
――SB特有の立ち関節技、投げ技に関しての対策はどのように考えていますか。
「総合の選手とも何度もスパーリングをしていますし、特に問題はないと思います」
 
――逆にご自身が立ち関節技や投げ技を仕掛ける可能性は?
「あると思います。スパーリングでも何度かそういう場面があったらうまくはまりました。自分は器用な方なので対応は早いと思います」
 
――試合に向けた練習で強化していることはありますか。
「投げられないような組み方の首相撲は意識的にやっていますし、回転の速いショートパンチを多めに打つようにしています」
 
――対戦相手の村田選手についてはどのような印象がありますか。
「シーザージム伝統の根性、スタミナを切らさず攻め続けてくる印象があります」
 
――どのような試合展開をイメージしていますか。
「相手に打たせずにこちらは打つ。相手はぶん投げてくるようなタイプではないですし、テクニックで戦いたいと思います」
 
――村田選手にメッセージはありますか。
「現チャンピオンであり、シーザー武志会長の御曹司なので完全アウェーですが、自分のテクニックで勝ちたいと思います」
 
――清水選手と同じ大会に一緒に出ることで気合いは入っていますか?
「RISEのリングでは一緒に何度か出たことがあり、今回も極真と城北支部の強さを見せます。今年はまだ応援してくれる方々に喜んでいただけていないので、最後は勝って喜んでもらいたいと思います」
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/13522

pagetop