SHOOT BOXING

NEWS

_MG_8700

_MG_8707

_MG_878511月23日(木・祝)東京・TDCホールにて開催される『RISE 121』の前日計量&記者会見が、22日(水)都内にて行われた。
 
『DEAD OR ALIVE TOURNAMENT』(通称DoA)に出場するSB日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹(ストライキングジムAres)は計量を一発でクリアーし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。
 
会見で内藤は「明日に向けて優勝するための練習をしっかりやってきました。良いことも悪いことがあっても、結果、僕が優勝します」と優勝宣言。
 
「明日しっかり結果を残せばシュートボクシングの名前も上がると思います。しっかり優勝することが僕の使命だと思っています」と王者らしい堂々とコメント。トーナメント一回戦ではAccelフェザー級王者・原口健飛(聖武会館)と対戦するが、「自分のスタイルを貫き通して一戦一戦勝っていきます」と語り、闘志を燃やしていた。内藤のトーナメント制覇に期待がかかる。
 

pagetop