SHOOT BOXING

NEWS

_MG_0271

_MG_028312月31日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』の公開計量が、30日(土)に行われた。
 
多くのファンが見守る中、計量にはSB世界女子フライ級王者RENA(シーザージム)がトップで登場。48.85kgで女子スーパーアトム級リミットの49.0kgをパス。RENAは終始笑顔のリラックスムードで、ファンからの声援に手を振って応えていた。
 
準決勝の対戦相手、トーナメント1回戦では山本美憂を腕十字で仕留めたアイリーン・リベラ(スペイン)は48.90kgで計量をパス。笑顔のRENAに対し、厳しい表情を崩さなかった。
 
また、反対側のブロックで準決勝を争う浅倉カンナ(パラエストラ松戸)は48.75kg、マリア・オリベイラ(ブラジル)は48.70kgでそれぞれ計量をパスしている。
 
いよいよファイナルラウンドを迎える「RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント」。RIZIN女子部門の先駆者として先頭を走って来たRENAは、1日2試合を戦い抜いて初代王座に就くことが出来るか。
 
なお、同大会の前売りチケットは一度完売したが、RENA応援シート、那須川天心応援シートなどが増席された。大晦日はさいたまスーパーアリーナで、RENAと一緒に「1、2、3、シュート!」を叫ぼう!
 

pagetop