SHOOT BOXING

NEWS

kaito

tapron2月10日(土)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2018 act.1』の追加対戦カードが発表された。
 
メインイベントに出場するSB日本スーパーライト級王者・海人(TEAM F.O.D)の対戦相手が元WMC世界フェザー級王者タップロン・ハーデスワークアウト(タイ)に決定した。タップロンはこれまでに現SB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭と3度対戦(2010年9月18日、2015年6月21日、2016年2月13日)し、いずれもタップロンが強烈な左ミドル、ヒザ蹴りだけでなく、老獪なテクニックで寄せ付けず鈴木を破っている。
 
昨年11月に新チャンピオンに輝いたばかりの海人の初戦に難敵現る。海人は26戦目にしてムエタイと初対決を迎えることになり、鈴木が超えられなかった壁を乗り越えることができるか。
 

追加対戦カード

▼メインイベント SB日本スーパーライト級(65.0kg) エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ※ヒジあり
海人(TEAM F.O.D/SB日本スーパーライト級王者)
vs
タップロン・ハーデスワークアウト(タイ/ハーデスワークアウトジム/元WMC世界フェザー級王者、SB世界スーパーライト級2位)
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/13927

pagetop