SHOOT BOXING

NEWS

kaito-42月10日(土)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2018 act.1』のメインイベントで元WMC世界フェザー級王者&SB世界スーパーライト級2位タップロン・ハーデスワークアウト(タイ)と対戦するSB日本スーパーライト級王者・海人(TEAM F.O.D)。鈴木博昭に3度、MASAYAにも勝利しているSBキラー、タップロンを相手に海人はどう戦うのか。SBエースとして、あえて相手の土俵であるヒジありルールでの一戦に臨む。
 
――先日には、成人式での写真がSNSでアップされてましたね。おめでとうございます。
「ありがとうございます。ようやく大人の階段を登ることができます」
 
――前戦となった昨年11月のSB日本スーパーライト級王座決定トーナメントでは一回戦で元DEEP☆KICK65kg級王者・憂也、決勝戦でWBCムエタイ日本ウェルター級王者・健太選手を撃破して見事タイトルを獲得しました。
「強豪が集まったトーナメントで勝ち抜いて獲ったベルトです。全試合倒して勝とうと思っていましたが、倒し切れなかったところが反省点でもあります。あのトーナメントに点数を付けると・・・・・100点満点で10点ぐらいでしょうか」
 
――トーナメントでの反省を踏まえて現在の練習で強化していることはありますか。
「トーナメント前からどの技でも倒せるようには全体的に磨いています。パンチ力は以前よりも上がっている実感はあります。以前よりもパワーというよりもインパクトの瞬間を大事にしようと握りを意識していることで威力の方は断然上がっていると思いますよ。その他、蹴りなど全部自信を持っています。ヒジ打ちはまだダメなところもあるのですが、徐々に改善しています」
 
――対戦するタップロンについてはどのような印象がありますか。
「ムエタイの選手なので蹴り、ヒジには気を付けようと思いますが、それぐらいではないでしょうか。あまり意識して試合を見たことはありません」
 
――ムエタイ戦士との対戦も初めてですが、特に怖さはないですか?
「顔ぐらいですかね(笑)」
 
――以前から対戦したかった相手とお聞きしました。
「そうですね。MASAYA選手、鈴木博昭選手といった歴代のSBチャンピオン勢に勝っていて、僕がSBエースの座にいるためには避けては通れない相手です。ここで僕が勝って本物だというのをみんなに認めてもらいたいです」
 
――タップロンは鈴木選手に3度戦っていますが、いずれもヒジなしルールでした。SBではタップロンのヒジありの試合は初となります。
「ヒジありが認められた方がタップロンにとってもいいかなと思い、SB協会にはヒジありでお願いしました。勝つ自信はありますし、僕が負ける要素は1つもありません」
 
――昨年6月の鈴木博昭戦の前にはタイ修行に行かれていましたよね。そこでタイ人とやることに自信を付けた部分はありますか。
「練習でタイ人のリズムを掴めています」
 
――ここで勝って2018年をどういう一年にしたいですか。
「チャンピオンとしての1年になります。今年はS-cupが開催される年でもあるので、そこで頂点を狙います」
 
――2月からKNOCK OUTでは鈴木選手が参戦するスーパーライト級トーナメントが開催されます。意識しますか?
「特に意識していないです。声がかかれば出たいとも思いましたが、僕がSBを盛り上げてKNOCK OUT以上のものにしていきたいと思います。そこで鈴木さんにはぜひ優勝してもらってS-cupのリングで再戦できたらいいですね。まずはタップロン戦です。チャンピオンとしての初戦になるので盛り上げて勝ちます」
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/13927
 

 

pagetop