SHOOT BOXING

NEWS

misaki-32月10日(土)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2018 act.1』でSB日本女子ミニマム級タイトルマッチで王者MIO(シーザージム)と対戦する同級1位MISAKI(GSB)。両者は2016年6月の浅草花やしき大会で対戦しMIOが判定勝利したものの、プロ3戦目のMISAKIはフルラウンド攻め続けるファイトスタイルでMIOを追い込む場面を作るなど大善戦。再戦を前に、MISAKIは自信を見せる。
 
――前戦となった 昨年12月のSB香港大会では地元の強豪選手と対戦し、再延長の接戦の末に判定負けでした。
「初の海外、2階級上の選手が相手ということでビビっていた自分がいました。試合では結構クリンチされて思うような動きが出来ませんでした。クリンチを攻略出来なかったので、負けは負けですね。自分が思っていたよりも香港の選手のレベルは高かったです。あの負けがあって今はもっと練習して自分を追い込んでます」
 
――今回、SB日本女子ミニマム級タイトルマッチでMIO選手との対戦が決まりました。
「ずっとMIOちゃんとやりたいと言っていて、それが実現するまで負けられませんでした……。香港で負けてしまったにも関わらず、今回チャンスをいただけたので、必ず食らいついてでも勝ちにいこうと思います」
 
――MIO選手と対戦するタイミングはご自身でどう思いますか。
「やりたい相手だったので、いつ来てもいいような練習をしてきました。やっと来たか!という感じなので嬉しく思います」
 
――最近のMIO選手の試合を見てどのような印象があります?
「私はアマチュア時代からMIOちゃんには憧れていて、香港大会でも応援して見てましたし、タイの強い選手(ペッディージャー・オーミークン)にも勝っていて改めて強いなと思います。でも、48kg級の日本人女子選手で一番美味しい相手なので、ここで勝てば私が一番強いことが証明できると思います」
 
――2016年6月に対戦した時からMIO選手との差は縮まっていると思いますか?
「あの時、私はプロ3戦目でした。あの頃よりも確実に練習量が増えてますし、強くなっているところを見せたいと思います。昨年にはJ-GIRLSミニフライ級チャンピオンになることが出来ました。ここで負けたらJ-GIRLSのベルトの価値が落ちてしまうので負けられません」
 
――香港では、MIO選手とスタバに行くなど一緒にいる時間が多かったそうですね。そういう相手とやることに抵抗はないですか?
「やりにくいといえばやりにくいのですが、試合になれば関係ありません。MIOちゃんはベルトを守りたいでしょうが、私もベルトが欲しいので本気の殴り合いをします。前回は3R制でしたが、今回は5Rも戦えるので嬉しいですね。躊躇なく殴りにいきます! 喧嘩じゃないので憧れの気持ちなど全てをぶつけます」
 
――今 年夏のGirls S-cupでは世界トーナメント開催も予定されています。そこは意識しますか?
「香港で負けているので、そういう世界トーナメントで汚名返上したいと思います。SB女子48㎏級の日本代表はMIOちゃんではなく、私です。まずは日本で一番強いところを見せるためにMIOちゃんに勝ち、弾みを付けます」
 
――ジムの先輩のUnion朱里選手はMIO選手と4度対戦(MIOの4戦4勝)していますが、朱里選手からアドバイスはありますか?
「頑張れよと言ってくれたぐらいです(笑)。朱里ちゃんと私は似ている部分もありますが、構え、スタイルも結構違います。私のいつものスタイルで戦うだけなので、対策は特にしていません。私がMIOちゃんに勝っても朱里ちゃんは階級を上げてベルトを3本獲ってるので朱里ちゃんを超えられる気はまだまだしません」
 
――最後にMIO選手にメッセージをお願いします。
「前の試合より強くなったところを身に染みて感じて下さい。必ず勝ちます」
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/13927

pagetop