SHOOT BOXING

NEWS

murata-22月10日(土)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2018 act.1』のセミファイナルでSB日本フェザー級王者・深田一樹(龍生塾ファントム道場)と対戦するSB日本スーパーフェザー級王者・村田聖明(シーザージム)。両者は2015年12月に対戦し、村田がダウンを取られて判定負けを喫した。あの敗戦から2年2カ月、現王者対決を前にした村田の想いとは!?
 
――試合が近づいてきましたが、コンディションなどはいかがですか。
「今回ヒジありルールということで、ヒジ打ちの練習をトレーナーのダムさんとしっかり練習しているのでいい感じに仕上がっています」
 
――初のヒジありルールでの試合となりました。
「ヒジ打ちを練習するのも初めてですが、いい感じで練習が出来ているので大丈夫だと思います。どうなるかはわかりませんが、次の試合でうまく当てることが出来れば僕の武器の一つになるのかなと思います」
 
――前戦なった昨年11月の渡辺理想戦を振り返ってもらいたいと思います。見事な2RKO勝ちでした。
「練習していた右ストレートをうまく当てることができました。たまたまKO出来たのですが、一回切りではなく連続KO勝ちしないと意味がないと思うので次もKOを狙います」
 
――久しぶりのKO勝ちでしたが、判定勝ちしたときとはやはり気持ち的に違いますか?
「嬉しさが違います。今まで倒したいのに倒し切れませんでした」
 
――右ストレートに磨きがかかっていましたが、今までの物とは違うものですか。
「会長からはよく右の脇を締めてコンパクトに真っ直ぐに打てと言われていて、前回は特にそれを意識して練習していました。今は他の技も出来るように練習しています」
 
――対戦相手の深田選手についてはどのような印象がありますか。
「2015年12月に対戦して初黒星を付けてくれた相手なので借りを返さないといけません。深田選手は内藤(大樹)選手にも勝っていて強くなっているので、前に戦った時の深田選手とは違うと思います。挑戦者の気持ちでいこうと思います」
 
――いつかやり返したいとは思っていたのでしょうか。
「もう一度やることはないのかなと思ってました(笑)。会場で会えば親しく話すようなこともありますが、試合が決まったからにはやります」
 
――最近の深田選手の試合を見て、前回対戦したときよりも違いますか?
「左ストレートは重そうですし、ガンガン前に出てくるので面白い試合になると思います」
 
――ご自身も前とは違うんだぞという思いでしょうか。
「あの頃よりは成長していると思うので、そういう姿を今回見せられたらいいなと思います」
 
――王者対決は意識しますか?
「少し意識してます。僕はシーザージムの選手なので負けられません」
 
――深田選手はここで勝って二階級制覇の足がかりにしたいそうです。
「僕もこの試合が終わったら、60kgから上の階級でもやっていけるよう、幅広く戦える選手になって他団体にも積極的に出ていきたいと思います。」
 
――逆に下の階級に落として深田選手のタイトルを狙うことはないですか?
「結構60㎏に落とすのに苦労しているので落とすことは考えていません。同時二階級制覇とか王者同士の潰し合いをするのではなく、SBでは今若い選手も育っているのでみんなでSBが一番強いというのを証明していきたいですね」
 
――今年の初戦をクリアーしたら、どういう1年にしていきたいですか。
「昨年は5戦全勝でした。今年も負けずに、来てくれる方が満足できるような会場が盛り上がる試合をしていきたいと思います」
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/13927

pagetop