SHOOT BOXING

NEWS

DSC_7583DSC_7521DSC_7524

2月10日(土)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2018 act.1』の前日計量が9日(金)都内にあるシーザージムにて行われた。
 
メインイベントで対戦するSB日本スーパーライト級王者・海人(TEAM F.O.D)は64.7㎏、元WMC世界フェザー級王者タップロン・ハーデスワークアウト(タイ)は65.0㎏で計量を一発クリアーし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。
 
昨年11月のSB日本スーパーライト級王座決定トーナメントでは一回戦で元DEEP☆KICK65kg級王者・憂也、決勝戦でWBCムエタイ日本ウェルター級王者・健太選手を撃破して念願のタイトル獲得を果たした海人がチャンピオンとしての初戦を迎える。
 
今回の相手タップロンは鈴木博昭に3度、MASAYAにも勝利しているSBキラーだが、海人は「今までのチャンピオンと自分は違うというのをはっきりさせたい」と勝利に自信を見せる。
 
タップロンが得意とするヒジ打ちが認められたルールについても「逆に斬って勝ってやろうと思う」と王者らしく堂々としたコメント。今年S-cupで開催予定の世界トーナメントについては「S-cupにも出られるなら出たいが、とりあえず今は初戦のタップロンをしっかり勝たないといけないと思う」とまずはタップロン戦に集中するとした。
 
対するタップロンは「久しぶりにSBに上がります。海人は若くていい選手ですが、明日は絶対に負けない」と自信を見せ、S-cup参戦にもやる気を見せていた。
 
なお、明日の当日券はSS席7,500円、A席5,500円、B席4,500円、立ち見席3,500円のみの販売となる。 
 

大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/13927
 

 

pagetop