SHOOT BOXING

NEWS

DSC_7593
DSC_7534

DSC_75372月10日(土)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2018 act.1』の前日計量が9日(金)都内にあるシーザージムにて行われた。
 
第7試合、SB日本女子ミニマム級タイトルマッチで対戦する王者・MIO(シーザージム)は47.95㎏、挑戦者MISAKI(GSB)は47.05㎏で計量をパスした。
 
両者は2016年6月の浅草花やしき大会で対戦しMIOが判定勝利、今回約1年8カ月ぶりの再戦となる。MIOは「今のMISAKI選手は以前に対戦した時と別人だと思います。勢いもあって注目されている選手ですが、差は縮まるどころか広がっていると思うのでSBのベルトの重さを見せ付けたい」と圧勝予告。
 
対するMISAKIは「一度負けてからずっとMIOちゃんとやりたいと言ってきて、そのために今まで頑張ってきたと言っても過言ではありません。シュートボクサーなのでSBのベルトをしっかり巻いてさらに上を目指していきたい。明日必ず勝って人生を変えてみせます」と並々ならぬ意気込みを語った。
 
7月の『Girls S-cup 2018』で開催予定の48kg以下級世界トーナメントについては、MIOが「上京して2年。まだ納得した結果、力を出せていません。今年は勝負の年なので変わった姿を見せます。今巻いているベルトをしっかり巻いて世界のベルトを獲りに行きたい」と世界王座奪取予告。MISAKIも「もちろん日本のベルトを巻いて参戦したい。先輩のUnion朱里が世界で輝いている姿を見ていて自分も輝きたいので、明日はそのための第一歩」と日本王座を巻いて世界の舞台に出たいとした。
 
なお、明日の当日券はSS席7,500円、A席5,500円、B席4,500円、立ち見席3,500円のみの販売となる。 
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/13927

pagetop