SHOOT BOXING

NEWS

ueyama3月18日(日)大阪・旭区民センターにて開催される『SHOOT BOXING OSAKA 2018“ALPINISME”vol.1』のセミファイナルでSB日本フェザー級2位・元貴(DAB)と対戦するSB日本スーパーバンタム級1位・植山征紀(龍生塾ファントム道場)。トップコンテンダーとして活躍する植山は、地元・大阪でどのような試合を見せるか。
 
――地元・大阪での大会出場が決まりました。試合を前に心境はいかがでしょうか。
「久しぶりに大阪で試合をやり、たくさんの応援も来てくれるのでモチベーションはめちゃくちゃ上がってます」
 
――2016年8月の大阪大会(中務幸信戦)では見事なKO勝利を収めていましたが、その時以上のインパクトを見せたいですか?
「あの時は1R62秒の結果で早く終わり過ぎたことで周りからは『早く終わりすぎや!』と言われたので、今回は ちゃんと見せ場を作った上で2~3Rで仕留められたらベストかなと思っています」
 
――地元のたくさんの応援者が来ることでプレッシャーはないですか?
「特にないですね。たくさんの人に見てもらえるのでその分、モチベーションは高くなります」
 
――前戦となった2月の内藤凌太戦を振り返ってもらいたいと思います。3R判定2-0での勝利でした。
「自分の動きが全く悪い上に、兄弟と何度もやっているので(凌太と2度目、弟の内藤大樹とは3度対戦)、相手に研究されているのを感じました。苦しい試合だったと思います」
 
――動きが悪かった原因は何でしょうか。
「リカバリーをミスったからだと思います」
 
――前回の試合の反省を踏まえて、今練習で強化していることはありますか?
「普段通りやっていますが、今回は大阪での試合なので東京で試合をするよりも調整はしっかりと出来ると思います」
 
――対戦相手の元貴選手についてはどのような印象を持っていますか? 初対決となります。
「結構何でも器用に出来る選手でスピードもあると思います。階級が違うので対戦相手として意識したことはありませんが、強い選手だなとは思ってました。先輩の深田さんとは3度対戦していて全て激闘しているので僕とも噛み合う試合ができると思ってます。深田さんとは一緒に練習しているので対策はバッチリです」
 
――どういう試合を見せたいですか?
「お客さんが喜ぶようなインパクトのある試合をします」
 
――この一戦をクリアーしたら、その次に見据えているものはありますか。
「タイトルには2回挑戦していずれもチャンスを逃しているのですが、今年こそはSB日本スーパーバンタム級のベルトを獲りにいきます」
 
――最後にファンにメッセージをお願いします。
「僕が一番面白い試合をして倒して勝つので応援よろしくお願いします」
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/14308

pagetop