SHOOT BOXING

NEWS

9_3
9_2

9_1▼第9試合 メインイベント エキスパートクラス特別ルール 58.0kg契約 3分3R
○深田一樹(龍生塾/ファントム道場/SB日本フェザー級王者) 
判定3-0 ※30-26、30-26、30-27
●キム・ウヨプ(韓国/ビョンジョンサムサンジム)
 
1R、サウスポーの深田にキムは右ストレートと脇腹をとらえる右ミドルで攻めるが、深田は右フック・左ストレートとパンチ中心に応戦。パンチのヒットでは上回り追っていく。
 
2R、やはり左ロー、右ミドルと蹴り中心に進めるキムに対し、深田は左ストレートを上下に打ち分け、右フックで顔面をとらえる。しかしキムは失速を喫さない。逆にボディストレートを送って深田を削る。
 
3R、最終ラウンドを意識して打ち合う両者だが、ここで深田はキムをとらえて首投げ一閃。これでシュートポイントを上げる。さらにキムの蹴り足をキャッチし、反対の足を大きく払って前方に投げ、再びシュートポイントの獲得に成功。投げられてリズムが狂ったか、失速が見られるキムを深田はボディストレートとボディフック・ボディアッパーで襲い口を開かせていく。最後はボディフック、左ストレートでキムにダウンを迫って試合終了。
 
判定は3-0で深田。最終3Rに投げとラッシュで優勢を明らかにして勝利した。
 
8_1

8_2

8_3▼第8試合 セミファイナル エキスパートクラス特別ルール 56.5kg契約 3分3R
○植山征紀(龍生塾/ファントム道場/SB日本スーパーバンタム級1位、元S-BATTLEバンタム級王者)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●元貴(DAB/SB日本フェザー級2位)
 
1R、ジャブを突きローを放つ元貴に対し、植山はしかし意に介した様子を見せず、前に出てロー、左フック、右クロスと放つ。圧力のある植山は元貴を打ち合いに呼び込み、相打ちのタイミングであったが左フックを決める。
 
2R、やはり圧力を掛ける植山は、元貴が打って出てきても下がらず右ストレートと左フックで迎撃。だが、元貴も打ち合いに応じて左フックをヒット。植山はブロッキングと頭を振ってかわすディフェンスから左フックを強振するが当たらない。
 
3R、両者より踏ん張りを強くして打ち合いの度合いを強める。左フックが相打ちとなるも強くとらえたのは元貴。植山は熱く打ち合いながらも冷静で、ボディ打ち・ボディへのバックスピンキックと元貴を削る。さらにボディフック、ローと植山は攻撃を散らすそして。組みからの低い投げでも元貴のスタミナを削る。元貴も右ストレートを決めるが、植山はそこから打ち返す。判定は3-0で植山。階級上の実力者・元貴を降した。
 
7▼第7試合 エキスパートクラス特別ルール 55. 0kg契約 3分3R
○川上 叶(龍生塾)
TKO 1R1分19秒
●上平 仁(OSC)
 
1R、川上はサウスポーからの左インローで先制ヒットを上げると左ストレートも続けて当てる。そして左クロス、左ストレートと連続でヒットして効かせ、上平を下がらせる。左ボディストレートが効いた上平はやや前かがみとなってしまい、川上は逃さず右ボディフック。そして最後は左ボディストレートを突き刺し、これで上平を倒してレフェリーは試合をストップした。
 
川上のマイク
「僕まだまだこんなもんじゃないんで、今年は全部勝って絶対チャンピオンになるんで、これから応援お願いします」


6▼第6試合 エキスパートクラス特別ルール 60.0kg契約 3分3R
○西川創太(志真會館)
判定2-0 ※30-29、29-29、30-28
●田渕神太(国際空手道 拳聖塾)
 
1R、前後に小刻みなステップを踏む田渕に対し、西川はジャブとミドル、インローで距離を詰め、とらえると首投げで大きく弧を描き、シュートポイント1を上げる。
 
2R、田渕はステップからジャブとインロー。西川は接近戦でとらえるとフロントスリーパーを狙うも田渕が自ら倒れて極めさせない。田渕はパンチのピッチを上げ、右ストレートの上下打ち、左フックとヒット数を増して2Rを終える。
 
3R、田渕はボディストレート、左フックと攻めるが、西川は組んでの投げ狙い。田渕はボディストレート、左ボディフック、ヒザ蹴りとボディ攻めで削りに行く。前に出る西川だが、ボディ攻めの影響か、やや手数が出ない。
 
判定2-0で西川。10代同士のフレッシュな対決を制した。


5▼第5試合 エキスパートクラス特別ルール 65.0kg契約 3分3R
○どん冷え貴哉(Dropout)
判定3-0 ※三者とも30-27
●土佐丸(摂津富田ジム)
 
1R、バックに回ってスープレックスを狙うが、これは高さが出ない。貴哉も首投げを仕掛けるが、やはり高さが出ずポイントとならず。両者投げを狙う展開で組んでの攻防が多くなる。そして貴哉が首投げでシュートポイントを上げ1Rを終える。
 
2R、やはり両者は投げを狙って組み合いが多くなる。力のこもった攻防となるが、ともに投げには至らない。両者いきなり組みに出てしまい、レフェリーから口頭注意が与えられる。貴哉は左右ストレートで出て右ローを当ててラウンドを終える。
 
貴哉が首投げでシュートポイントを上げ3Rがスタート。このラウンドもやはり組み合いが多くなるが、貴哉はそこからボディへのヒザを効かせ、さらに顔へのスストレートでも襲う。判定3-0で貴哉。首投げが冴え勝利を収めた。


4▼第4試合 スターティングクラスルール 58.0kg契約 2分3R
○魁斗(立志會館) 
判定3-0 ※30-27、30-28、30-29
●ユ・ジン(韓国/Iksan X Jim)
 
1R、サウスポーのユに魁斗は上手く右ストレート、左フック、前蹴りと当てていく。ユも左ストレートを当て返すが、これは浅いヒットにとどまる。
2R、ユはブラジリアンキックなど変則の蹴りを飛ばすが見切ってかわし、首投げでシュートポイントを奪取。ユは挽回に左ストレートで来るが、魁斗は右ストレートと右ミドルで迎え撃ち、攻勢を許さない。
3R、ユは圧力を強め左ミドルと左ストレートで行く。魁斗は右ミドルと右ストレートでこれに対抗し、再び首投げを狙うが今度はユが投げさせない。
 
判定は3-0で魁斗。デビュー戦を勝利で飾った。


3▼第3試合 セミプロルール 46.0kg契約 2分2R
○田川愛心(TIA辻道場)
TKO 3R0分54秒
●パク・ユシン(韓国/Gunsan X-Gym)
 
1R、両者リズミカルにパンチとミドルを飛ばし、組んでもヒザを放ち合う。田川は顔面前蹴りを飛ばして当て、パクのパンチを小さくダッキングして当てさせない。
 
2R、田川は前蹴りと左右のパンチをリズムよく飛ばし、左ストレートでパクに尻もちをつかせる(ノーダウン)。さらに左フック、右ストレート、顔面前蹴り、パンチ連打でヒットを重ね、スタンディングダウンを奪ってラウンドを終える。
 
3R、田川の勢いは止まらず、右ストレート、顔面前蹴りとラッシュで襲い、この試合2度目のスタンディングダウンを奪取。ここでパク陣営からタオルが入り、田川のTKO勝利となった。


2▼第2試合 エキスパートクラス特別ルール 57.5kg契約 3分3R
○TSUTOMU(TIA辻道場)
判定2-1 ※27-28、28-27、28-27
●横野 洋(アンカージム)
 
1R、横野はサウスポーで前に出るが、TSUTOMUは前蹴りと右ミドルでこれをストップ。しかし横野も前蹴りと左ストレート、右フックとヒットを上げていく。さらにボディへのヒザを入れ、横野は左ストレート、左ボディとTSUTOMUに効かせていく。投げを狙うTSUTOMUだが、横野はこらえて投げを潰す。
 
2R、横野はボディへのヒザ、ボディストレートと攻勢を強める。そしてサイドから組みつくとTSUTOMUの右腕ごと首をとらえてスタンディングの肩固め。キャッチポイントを上げるTSUTOMUだが、横野はこれをこらえた後で投げを見舞いシュートポイントを奪取。さらにTSUTOMUは首投げを決め、シュートポイント1を追加して2Rを終える。
 
3R、横野はこのラウンドも首投げを決めてシュートポイントをさらに追加。しかしTSUTOMUはボディへのヒザ、左ストレートを効かせて攻める。右ミドルでストップに掛かるTSUTOMUだが、横野の右フックと左ストレートのヒットが上回る。しかしTSUTOMUはダウンに至るまでは追わせず試合を終える。
 
判定は28-27(横野)、28-27(TSUTOMU)、28-27(TSUTOMU)の2-1でTSUTOMU。3度のシュートポイントを上げ、勝利を収めた。


1▼第1試合 スターティングクラスルール 63.0kg契約 2分3R
○津郷洋樹(ウインドブローウィング)
TKO 1R1分34秒
●マリケーン(NO,NAME)
 
1R、グローブたちに応じずパンチを振るったマリケーンだが、津郷はこれを当てさせず逆に右ストレートを見舞い左右のローを蹴りつける。マリケーンは左右のラフなパンチで襲うが、津郷は右クロスのカウンターでダウンを奪取。さらに津郷はラッシュに入り、再び右ストレートを決めマリケーンがフラつくとレフェリーがダメージを見て試合をストップした。


op2▼オープニング第2試合 アマチュアルール ヘビー級 2分2R
○畑 博貴(立志會館) 
TKO 2R0分54秒
●橋本佳幸(TIA辻道場)
 
1R、畑は前蹴りから出て積極的に自分から攻める。橋本は右ローで応戦するが、畑は依然前に出てストレートと前蹴り、ローで攻める。
 
2R、畑はローとヒザ蹴りで前に出て、組み合いになるとヒザを連打。その後もローと左右ストレートを繋ぎ、ダウンを奪取。さらに左右フックでラッシュすると橋本は防戦一方となり、レフェリーは試合をストップした。


op1▼オープニング第1試合 アマチュアルール 35.0kg契約 2分2R
○川西智己(龍生塾ファントム道場)
判定2-0 ※19-19、20-19、20-19
●小川翔輝(TIA辻道場)
 
1R、小川はサウスポー。両者軽やかなステップで距離を取って様子を見る。小川はミドルからパンチを繋ぐ。川西はパンチでヒット・アンド・アウェイ。バックブローも見せる川西。両者組み合いは投げに至らない。ラウンドが進むと川西が次第に先手で攻めていく。
 
2R、小川の左ストレートを受け川西はやや後退。そこから小川はさらにロー、ストレートと攻めるが、これがローブローとなってしまい川西にインターバルが与えられる。再開後も小川が勢いを落とさず攻勢。川西は首投げを狙い、2度目のトライで成功。シュートポイントを上げる。反撃に来る小川を川西は組んで押さえて試合終了。判定は19-19、20-19、20-19の2-0で川西。シュートポイントが勝負を分けた。
 

pagetop